ドコモ光 wi-fi 繋がらない。 ドコモ光のWi

ドコモ光が繋がらない原因と対処方法!Wi

ドコモ光 wi-fi 繋がらない

【ONU、ルーター、ホームゲートウェイの違い】 いずれもフレッツ光でインターネット接続をするための周辺機器の名称です。 形や大きさが似ているものもあるので、機器の違いをカンタンに説明します。 光回線の工事を行うと設置されます。 ONU経由で接続できるのはパソコン1台だけなので、複数のパソコンで接続する場合に利用します。 ONUの機能も備えているので、1台3役の機器です。 光電話を契約すると自動的に付帯されます。 自分で用意する機器は光電話を契約しない場合はWiFiルーターと接続する機器(スマホ、パソコンなど)です。 光電話を契約した場合はWiFiルーターを自分で用意するか、または無線LANカードのレンタル(有料)でWiFiを利用することができます。 Wi-Fiルーターを用意する Wi-Fiルーターは、パソコンやスマホ、タブレットなどの Wi-Fi対応機器をワイヤレスでインターネットに接続するための機器です。 Wi-Fiルーター 本体のことを 「親機」 、Wi-Fi対応機器のことを 「子機」 と呼び、どちらか一方だけではWi-Fi通信はできません。 子機はスマホやタブレット、WiFi対応のノートパソコンであれば本体に内蔵されています。 WiFiルーターの接続イメージは以下の通り。 1・NTTからレンタルする機器について 申し込み時にWi-Fi対応の機器を希望しなかった場合、ひかり電話なしの方は ONU、ひかり電話をつけた方は ホームゲートウェイが届きます。 フレッツ光のホームゲートウェイ(ひかり電話対応のルーター)にはいくつかの種類がありますが、Wi-Fi対応の現行の機種なら 無線LANカードを挿入するだけで親機として利用できます。 現在レンタルしているホームゲートウェイが無線に対応していない場合でも、NTTに連絡して交換してもらえるので安心してくださいね。 光電話を契約している場合は無線LANカードで対応可能 光電話を契約している場合、ホームゲートウェイという機器が届きます。 ホームゲートウェイは無線LANカードをレンタルすることで、簡単にWiFiルーターとして利用することができます。 無線LANカードを用意する方法 無線LANカードは有料オプションとして契約する形となります。 設定の手順に沿ってひとつずつ解説していきます。 ONUとルーターを接続する ONUを使っている場合、パソコンから無線の設定をする場合、一時的に以下の配線に変更してLANケーブルでつなぎます。 (ホームゲートウェイの場合は配線変更は不要)• パソコンでブラウザを起動し、 アドレスバーに「192. 168. 最初にホームゲートウェイのログインパスワードを設定する画面が表示されます。 入力欄に好きな文字列を入力し、「設定」をクリックします。 続いてホームゲートウェイのログイン情報を入れる小さなダイアログが出るので、 ユーザー名とパスワードにそれぞれ次の情報を入力し、「OK」をクリックして進みます。 市販のルーターの場合、ユーザー名は異なるので注意しましょう。 ログイン後に表示される「設定ウィザード」に沿って進みます。 「接続先ユーザー名」と「接続パスワード」は、契約時プロバイダから送付される書類に記載あり。 ホームゲートウェイが自動で再起動されるので、再起動後に「再表示」ボタンをクリック。 表の「メインセッション」が「接続中」になっていればOK。 設定は完了ですので、配線を戻してWi-Fi接続ができているか確認しましょう。 Wi-Fiが使えなくなったときの対処方法 ここからは、設定も完了して使用していたにも関わらずWi-Fiが使えなくなったときの対処方法をご紹介します。 スマホやPCのWi-Fi設定を切断する 一時的なエラーの可能性があるので、 接続機器のWi-Fi設定をオフにして再度入れなおす 全ての機器の電源を切って再起動を行う ONUやルーターなどの周辺機器は連続して使っていると、 熱暴走と呼ばれる一時的な不具合を起こすことがあるため、全ての機器の再起動を行います。 NTT東日本:NTT固定電話から:113 携帯から:0120-444-113 NTT西日本:0120-248-995 まとめ このページではフレッツ光でWi-Fiを使う方法や、設定の手順、繋がらない時の対処法についてお伝えしました。 フレッツ光のプランによっては、 Wi-Fi対応のホームゲートウェイをレンタルしているので、小額の負担でWi-Fi接続が利用できます。 もちろん、現在レンタルしているホームゲートウェイがWi-Fi未対応でも、NTTに連絡すれば交換してもらえるので大丈夫です。 Wi-Fiが繋がれば家中どこでもネットが楽しめますし、スマホやタブレットの通信料金の節約にもなるのでメリットがいっぱい。 この機会にWi-Fiを試してみてはいかかでしょうか。

次の

ドコモ光でWi

ドコモ光 wi-fi 繋がらない

ドコモ光が繋がらない場合には、以上の5つの原因が考えられます。 そのような場合は、初期設定に問題がある場合がほとんどです。 機器の接続を確認した上で、ユーザー名とパスワードが間違っていないか、再度確認してみましょう。 半角と全角の間違いや『0 ゼロ 』と『O オー 』を間違えてしまうことは少なくないと思いますので、しっかり確認してみて下さい。 モデム・Wi-Fiルーターの再起動を行うことや、LANケーブル入れ直すことでドコモ光がつながるようになる可能性があります。 の障害情報は各公式サイトから確認できます。 インターネットが繋がらない状態なので、スマホなどでプロバイダの公式サイトにアクセスして、障害が起きているかチェックしてみて下さい。 なお、プロバイダで行われる定期メンテナンスはあらかじめ告知があるはずです。 メンテナンス情報がメールで送られてくることもあるので、 プロバイダからのお知らせは見逃さないようにしましょう。 — えだまめdowa dowamame 珍しいケースではありますが、プロバイダではなくドコモ光の方に問題がある可能性もあります ドコモ光はNTTのを使っており、 障害が発生するケースは多くありませんが、絶対に障害が発生しないという保証もありません。 このような場合には、電話で問い合わせをしても繋がらない可能性が高いので、復旧するまで待つようにしましょう。 ドコモ光の工事・故障情報はこちらのサイトで確認できます。 どうせ問い合わせても「マンションタイプだから混雑時には速度低下しますぅ〜」って言うんだろうな。 — アッガイ隊長 acguy16 全然繋がらないわけじゃないけど、ネットが遅くて不便…。 そのような場合には、回線が混み合っている可能性が高いです。 平日の夜など、利用者が多い時間には特に回線が遅い…そんな場合は、周辺にドコモ光ユーザーが多くて、回線が混雑してしまっているのかも知れません。 プロバイダの契約プランを見直したり、電波の状況を整えたりすることで通信速度がアップする可能性があります。 と感じている人は、こちらの記事を参考にしながら対策を行ってみて下さいね! ドコモ光が繋がらない場合の問い合わせ先 ここでは、ドコモ光が繋がらない場合の問い合わせ先や、各プロバイダの公式サイトについて紹介します。 各種連絡先やホームページを、インターネット接続の症状にあわせて活用してみて下さいね! 各プロバイダの問い合わせ番号や公式サイト一覧 プロバイダ名 公式サイトURL ドコモnet plala so-net GMOとくとくBB DTI Tigers-net. com BIGLOBE exicite andline ic-net U-pa! @nifty エディオンネット SYNAPSE Tiki Rakutenブロードバンド hi-ho 01光コアラ @ネスク SIS @T COM OCN TNC AsahiNet WAKEAK @ちゃんぷるネット ドコモ光の各プロバイダの公式サイトURLを一覧でまとめました。 各公式サイトからお問い合わせページや公式ツイッターなどを確認できるので、ドコモ光が繋がらない場合には利用しているプロバイダの公式サイトを確認してみましょう。 ドコモ光の問い合わせ番号 連絡方法 電話番号 受付時間 ドコモの携帯電話 113 24時間 一般電話 0120-800-000 24時間 モデムが原因でドコモ光が繋がらない場合には、こちらの電話番号から連絡をするようにしましょう。 ただし、ドコモ光の回線が原因で繋がらない場合、 電話をかけても通じない可能性が高いです。 そのような場合には回線が復旧するまで待つしか無いので、下記のサイトから障害情報やメンテナンス情報を確認してみて下さい。 それでもドコモ光が繋がらない場合にはプロバイダや回線の乗り換えを… ドコモ光が繋がらない原因と対処方法について解説しましたが、それぞれの対処方法を試しても改善しない場合には、プロバイダや回線を乗り換えるしか無いでしょう。 ドコモ光はプロバイダによって通信速度が大きく変わるので、まずはプロバイダの乗り換えを検討してみましょう。 回線そのものを乗り換える場合には違約金が高くなる恐れがありますし、開通までに時間がかかってしまう恐れも…。 まずはプロバイダの乗り換えを行い、回線の変更は最後の手段だと考えておいたほうが良いと思います。 やプロバイダ変更に関する注意点は、こちらの記事で詳しくまとめています。 ドコモ光が繋がらない原因と対処法まとめ• ドコモ光に一度も接続できていない場合は初期設定を確認しよう• Wi-Fiルーターやモデムなどを再起動することでドコモ光が繋がるケースもある• プロバイダやドコモ光の障害情報は公式サイトで確認しよう• どうしてもドコモ光が繋がらない場合にはプロバイダや回線の乗り換えを 以上のよう内容をお届けしました。 ドコモ光が繋がらない場合は、まずは冷静に一つ一つの原因を確認していくようにしましょう。 どうしても繋がらない場合はプロバイダや回線の乗り換えも検討してみて下さい。 なるほどwifiの他の記事も参考にしながら、快適なネット環境を手に入れましょう!.

次の

ドコモ光で自宅をWi

ドコモ光 wi-fi 繋がらない

ドコモ光の設定 初期設定 は難しい? インターネットに接続できるようにするためには初期設定が必要ですが、説明書を見ることさえイヤという人もいるかもしれません。 でもパソコン1台分の接続方法は手順が少ないので、初心者でも正しく設定しやすくなっています。 難しいイメージがある初期設定も、実際にやってみると思っているより簡単ですよ。 一方で複数のパソコンでインターネットを利用する場合、1台の設定よりも少し複雑になるので難しく感じてしまうかもしれません。 ルーターなど機器の名前が出てきますが、悩むほど大変ではないので安心してください。 今回紹介するポイントを押さえておけば、複数のパソコンでもスムーズに設定が行えます。 またドコモ光では接続サポートも用意されているので、どうしても行き詰まってしまった時にはそちらを利用してみるといいですね。 ドコモ光の設定 初期設定 はプロバイダによって違う? ドコモ光に申し込みをすると、契約したプロバイダから初期設定のための接続ガイドが送られてきます。 プロバイダとは回線を通してインターネットに接続を行う接続事業者のことで、回線をネットに繋げるにはプロバイダとの契約が必要となります。 2019年4月1日時点でドコモ光では25のプロバイダに対応しており、用途に合わせてお好きなプロバイダが選べるようになっています。 契約したプロバイダから送られてくる接続ガイドの中には、ユーザーIDやパスワードが書かれているので必ず確認してください。 基本的にはパソコンとインターネットにつなぐための機器を接続したら、必要な情報を入力して初期設定は完了します。 ただしインターネットを利用するパソコンの台数や、使っている機器によって設定が異なることもあります。 契約したプロバイダごとに設定の案内に書かれた内容が違うので、送られてきた接続ガイドを確認しておきましょう。 プロバイダの設定 初期設定 をするときの注意点 プロバイダの初期設定を自分で行う場合、いくつかの注意ポイントがあります。 まずはインターネットの環境を確認するために、機器の確認を行いましょう。 開通工事をしたときに箱型の機器が設置されています。 型番が書かれたシールが貼ってあるので、品名を確認してください。 ホームゲートウェイ 「認証機器名」や「品名」の横にPRやRV、RTから始まる名称が書かれたものは、ひかり電話のルーター(ホームゲートウェイ)です。 オレンジやグリーンのランプがついている面に、インターネットにつながっている状態を表す「PPP」があります。 無線LANルーター 無線でインターネットを利用している場合、ひかり電話のルーターとつながっている小さなサイズの機器が無線LANルーターです。 パソコンにケーブルをつなげずに使っているという人は、無線LANルーターを利用しています。 接続する台数による初期設定の違い インターネットに接続するパソコンは何台でしょうか? 台数によって初期設定の方法が違ってきます。 1台だけの場合 インターネット接続画面に進んで、プロバイダから届いたユーザー名とパスワードを入力すればOKです。 ゆっくり確認しながら操作すれば簡単に初期設定が完了しますよ。 2台以上のパソコンを接続する場合 2台以上のパソコンでインターネットを使いたい時には、パソコンではなくルーターにプロバイダから届いた情報を入力しましょう。 設定方法は機器によって異なるので、取扱説明書や設定マニュアルにしたがって必要な設定を行ってください。 2台以上で接続する場合、1台目のパソコンにプロバイダから届いた情報を入力してしまうと、1台目のパソコンでないとインターネットを利用できない状態になってしまうので注意してください。 ドコモ光の設定 初期設定 に必要なもの ドコモ光の初期設定を行う際に用意するものや手順を紹介します。 1台のパソコンで初期設定を行う場合 用意するもの 1:パソコン(1台) 2:ドコモ光のモデム 3:LANケーブル 4:プロバイダから送られてきた書類 5:NTTから送られてきた設定用のガイド 初期設定は、ドコモ光のモデムとパソコンを接続して作業を行います。 LANケーブルはパソコンと機器をつなぐために使用します。 プロバイダから送られてきた書類にはユーザーIDやパスワードが記載されているので、目を通しておきましょう。 設定用ガイドを見ながら接続を行えば、簡単に作業が完了しますよ。 ドコモ光の初期設定の流れ 使っているパソコンによって設定が違いますが、ここではWindows10を例に手順を確認します。 1:まずはドコモ光のモデムとパソコンを、LANケーブルで接続します。 2:パソコンを立ち上げ「スタートボタン」「Windowsシステムツール」「コントロールパネル」を順番に開いてください。 3:「ネットワークとインターネット」「ネットワークと共有センター」を順番に選択します。 4:「新しい接続またはネットワークのセットアップ」「インターネットに接続します」を選んで「次へ」をクリックします。 5:プロバイダから送られてきた情報、ユーザー名、パスワードを入力してください。 6:「接続」をクリックしたら初期設定が完了します。 2台以上のパソコンで初期設定をする場合 インターネットに接続するパソコンが2台以上になる場合、初期設定に必要なものが異なります。 1台の設定で使ったものにプラスして必要なのが、ルーターと説明書や付属CDです。 2台以上のパソコンを接続するときは、ルーターがないと設定できません。 ただし、開通工事で設置された機器がホームゲートウェイの場合、ルーターの役割も果たすので新たにプラスしなくてもOKです。 LANケーブルは、パソコンの台数分と合わせて、ドコモ光のモデムとルーターをつなぐために1本多く用意してください。 2台以上のパソコンで初期設定するときの流れ 用意するもの 1:パソコン(2台~) 2:ドコモ光のモデム 3:ルーター 4:ルーターの取扱説明書(または付属CD) 5:LANケーブル(パソコンの台数分+1本) 6:プロバイダから送られてきた書類 7:NTTから送られてきた設定用ガイド 1台のパソコンで接続をする時よりも、多くのものが必要になります。 とくに2台以上を接続する際にはルーターが必要不可欠です。 ただし開通工事で設置された機器がホームゲートウェイだった場合、ルーターの役割を果たしてくれるので新たに用意する必要はありません。 また接続するパソコンが増えるほど、有線接続ならLANケーブルの数が必要になるので注意してください。 ルーターの役割とは? ルーターは、インターネット回線を複数の端末機器に接続するために欠かせない機器です。 回線から受信したデータを複数の機器に分配する役割を持っており、パソコンとモデムの間に接続して使用します。 2台以上のパソコンを同じ回線に接続するにはルーターが必要不可欠なので、忘れずに用意しておきましょう。 ドコモ光の契約時にルーターのレンタルを申し込んでおくと、工事日にスタッフがルーターを設置してくれます。 ルーターの選び方が分からない、自分で設置する自信がないという人は、一緒に申し込んでおくといいですね。 またドコモ光電話を申し込むと、ドコモ光電話対応ルーターが貸し出されます。 これは光回線終端装置とルーターが一体になった「ホームゲートウェイ」と呼ばれるもので、ルーターの役割を果たしてくれます。 ホームゲートウェイを利用する場合には、別途でルーターを新たに用意する必要はありません。 初期設定の流れ パソコンが2台以上になる場合、初期設定に必要なものが異なります。 1:まずはドコモ光のモデムとルーターを、LANケーブルで接続します。 LANケーブルは「WAN」と書かれているポートに差し込んでください。 2:ルーターとパソコンをLANケーブルで接続します。 この際にルーター側では「LAN」ポートを使用してください。 複数あれば、どこに差し込んでも問題ありません。 3-1:ルーターに設定用のCDが付属している場合、これをパソコンに読み込ませれば設定が完了します。 3-2:付属CDがない場合、パソコンを立ち上げてルーターの説明書に記載されている設定用URLにアクセスします。 4:設定用URLでドライバーをインストールしてください。 5:プロバイダから送られてきた情報、ユーザー名、パスワードを入力すると設定が完了します。 スマホなど無線LANで利用するときの接続方法を解説 自宅でスマホやタブレットを利用する時には、使用量を気にせずに使いたいですよね。 パソコン以外の端末でドコモ光に接続する場合、無線LANを使ったWi-Fiを利用するといいでしょう。 2台以上のパソコンを設定している場合、Wi-Fiルーターへの接続はすでに設定が済んでいます。 スマホなど使いたい端末の設定画面からWi-FiをONにして、ルーターの名前が表示されるのを待ちましょう。 名前が出たらタップして、パスワードを入力するだけ接続が完了します。 ドコモ光を無線で使う場合に必要なもの パソコンの接続が1台のみで、ルーターを設定していない場合は、無線でドコモ光と接続できる状態にする必要があります。 まずは以下のものを用意してください。 ・ドコモ光のモデム ・無線LANルーター ・ルーターの説明書または付属CD ・パソコン ・LANケーブル(1本) ・プロバイダから送られてきた情報、ユーザーID、パスワード ・NTTから送られてきた設定ガイド ドコモ光を無線で使うための設定の流れ パソコンやスマホなどの端末でWi-Fi接続を行うための流れを解説していきます。 パソコンの場合 1:有線接続の時と同じく、ドコモ光のモデムと無線ルーターをLANケーブルで繋ぎましょう。 2:ルーターの説明書を確認しながらパソコンで設定を行います。 3:プロバイダ情報入力の画面が出るので、ユーザーIDやパスワードを入力してください。 4:ルーターのパスワードを設定する画面が出てくるので、設定したら完了します。 スマホ(iPhone)の場合 1:ホーム画面で「設定」アイコンをタップしてください。 2:メニュー一覧から「Wi-Fi」を選択し、Wi-Fiの設定画面を開きます。 3:Wi-Fiがオフになっていればオンにして、「ネットワークを選択」から自宅のルーターを選びましょう。 この際に表示されるSSIDとはルーターのIDのことで、多くの場合はルーター本体にシールで貼ってあります。 4:ルーターのパスワードを入力すれば設定が完了します。 以上の手順で設定が完了し、スマホでWi-Fi接続が可能になります。 困ったときに利用できるサポートを紹介 自分でドコモ光の初期設定にトライしたものの、途中でわからなくなってしまったらサポートサービスを利用するのがおすすめです。 ドコモ光はパソコン、周辺機器、ルーターなどに関するあらゆるお悩みをサポートしてくれる「ネットトータルサポート」というサービスがあります。 電話でのサポートに加え、修理・訪問サポート、データ復旧、買い取り、オンラインパソコン教室などを利用することができます。 購入店やメーカーなどの指定はないので、使っているほとんどの機器に関する相談が可能です。 遠隔操作で設定をサポートも行っており、年中無休で9:00〜20:00まで対応しているので困った時に気軽に相談できますね。 ドコモ光お申し込みサイトでも、ネットトータルサポートに関して詳しく書いています。 ぜひネットトータルサポートページもご覧ください。 まとめ ドコモ光に申し込みをしたら、インターネットを利用するための初期設定が必要です。 難しいイメージがありますが、1台のパソコンだけを設定する場合は思っているよりも簡単にできます。 また2台以上の設定や無線接続のためにルーターを用意するときは、付属CDがついているものを選ぶと便利ですね。 設定ガイドには、わかりやすく画面の見本を使って説明しているものもあるので、落ち着いて1つずつ確認しながら作業していきましょう。 もしもわからなくなってしまったら、ドコモ光のサポートセンターに電話をかければ、遠隔操作で対応してもらえます。

次の