三太郎 格 ゲー。 三太郎

第三回企業対抗格ゲートーナメント 出場企業発表:格ゲ部 活動日誌:超ドワンゴ格ゲ部(ドワンゴ格ゲ部)

三太郎 格 ゲー

などを意味する「エボリューション」(ution)の• 1の名称が付いた製品の。 またはそれに由来する名称。 が製造する、、エボリューションなど。 の「」製造の「W11HT EVO 」、「HT EVO 」• 大会「ution、Evolution Championship Series」 (本項にて解説) EVO( Evolution Championship Series)とは、より開催されている最大級の大会である。 大会が始まったはにて行われた。 使用は で、参加者はわずか人ほどだったという。 その後会場をに移すと共に参加者数が倍々のように増えていき、には1,000人を、そしての部門では1,0人を突破、名実共にの大会と位置づけられるまでに成長している。 その規模の大きさや、中から有数の強が参戦すること、そして数多くのを同時に展開することから、しばしば最大級の大会「」とべられることが多い。 、には「EVOはにおけるのような存在」との記述が書かれている。 規模なのは何も参加者数だけではない。 もっとも多くのが参戦するでは、2万(万円以上)を突破する程の賞が掛けられる。 これは、参加者が参加の際に支払う参加費の一部を賞としてし、それを成績上位者に分配するというをとっているためである(の大会ではしばしば見受けられる形式)。 ではを代表するほどの名門「ズ」など、巨大な敷地を持つ会場を使用する。 大会開催中、大会会場のムを使用した「マネー」が行われる。 マネーとはいわゆる「賭け試合」。 マネーはでよく行われているのでそれ自体はしいことではないが、掛けられる額がしばしば円にして円をえるもあることで富に知られている。 このような規模から多くの注を浴び、中のがEVO参加のためにへやってくるのである。 なお、EVO自体は戦の形態を取っており、の各地域にて予選大会(及びそれに準じた大会への認)を併せて実施・策定している。 にはにて(・パィック)の予選が行われ、がし本戦参加権を獲得した。 またでは、EVO 2004におけるとの対戦「 」のとして、もうおなじみであろう。 2011年 会期: ~日(時間) 会場: &(・州) 使用: 、、9、、 長く使用していたスを離れ、今回は最大級の大施設「 &」で開催された。 また、今大会より「 方式」が採用された。 これは、本大会開催の前に各地で行われる要大会(10大会)に対し、上位入賞者へ「」を与え、で上位に進出したに対して、EVO本大会におけるを授与する、というものである。 は本戦の予選の選抜に利用された。 実現すれば日双方で著名な大会団体の共催となり、史上初の快挙と成る。 残念ながらのにより度の開催は中止となったが、EVO側はあくまで「期限延期」であるとしており、度に向けて再度実施に向けた検討がなされると思われる。 大会は予定通り29日より開催された。 選手では が、などの強を退け、部門にてを飾った。 またとして開催されたではが、ではが、そしてではがし、選手が合計4部門を制した。 EVO PV は、にて 史上初のにおけるパックビュー「EVO 」を開催した。 会期はのからのまで。 参加費は1,000円だった。 当日は、 、央明ら勢、 、などの勢、そしてから 園が来し会・を担当した。 また、席には通訳・の解説として 玄四郎が臨席した。 会場には、、、、、、アら強が来場。 会場内に設置された対戦台では、、、などができるようになっており、来場者は思い思いのでを観戦しながら過ごしていた。 の8では、の盟友としても知られるが解説を担当。 最後はが地元のを破り。 会場内は惜い拍手で包まれた。 最後には先から駆けつけたのが来場し会場にを添え、EVO はのうちに幕を閉じている。 EVO の様子については、有志による以下の群が非常に詳しい。 ぜひ参照されたい。 参加したプレイヤー• (z) … 4位• ( Gees) … 位• ( Gees)• … 13位• ナベ (1期生)• ニャン師 ()• … 9位 参加したその他人物• (現地からの配信、選手への、雑誌寄稿のための取材を担当)• 結果、残念ながら不参加となった。 2012年 会期: ~8日(時間) 会場: ズ(・州) 使用():2、、、、、 使用():、、、FX、 使用機器: : 現地配信: 予選表: 会場はまで使用していたズ。 今年度も方式「R to EVO2012」が導入され、に各所で開催された大規模大会に適用された。 で採用されたは上記の6つ。 だったところでは、前年までだったがへ移行した他、が採用から外れた。 また、2部門の参加登録者がの時点で0人を突破、前年(0人)を上回る参加者が会場に訪れた。 今大会には、前回を大幅に上回る数のが参戦を表明。 前回F部門を制した( er)、 z勢(、、)、( )、 Gees勢(・)、( er)、(e)、()などの勢はもちろんのこと、、、、、、、、、、おえっぷ、そうすひ、おおさか、AO、などの強がこぞって参戦。 まさしくと言っても過言ではない布が勢いした。 大会のとなった2ではから12名がへ進出。 しかし、(特に地域)選手の活躍がめざましく、8に残った選手はたった1名()、さらに、・、・ロス、らの強ですらも8に残れない、という大波乱の展開となった。 残念ながら5位に終わった。 決勝は、そのを破ったironと、ザーズでPR Balrを破り勝ち上がったのビー()の対戦となり、戦の上ironが。 賞万円(約・円換算)を手にした。 これにより、 選手による現行部門の連勝記録は「9」でした。 他部門では、部門においてでこ( )が見事を飾り、賞36万円を獲得。 では一の選手となった。 また、にて・組が3位、ではが(はくす、3位に)、に〜どが(にしろ、3位に)、にてが「」名義で(は)、ではがを下してをした。 今回は での中継も実施され、のべ数が20万を突破。 会場には 前回を大幅に上回る名以上(による発表では「名」)の来場者が訪れ、選手の活躍を見守った。 会はを務める と が担当。 解説として 、、、NHIKINが臨席した他、ので知られる 久園寺慶氏、チャにおける活躍で知られる 晶氏が来場、解説を担当した。 また、現地ではによる配信「 配信」が行われ、選手はもちろんのこと、多数の選手・関係者( 新妻P、P(以上)、マン(z)など)がに応じ、現地の模様を伝えている。 大トリとなった2のsには、サプラとして が登場。 来場者と一眼となってをした。 大会終了後にはiron,,でこらが登場し、によるを敢行。 今年もEVO 、及びEVO2012は事にその幕を閉じた。 プロ格闘ゲームプレイヤー• ( z) 2:5位 :4位• ( ) 2:位 :準• ( er) 2:9位 :3位 : :13位• ( er) :3位• ( Gees) 2:位• ( Gees)• (e ) 2:9位 :5位• () 2:位 :5位(と) プレイヤー• :7位• 2:位 :7位 :(名義)• 2:9位 :位 :• 2:位• 2:13位 :9位• (生駒) 2:9位• (現地「配信」担当)• (の取材を帯同)• :9位 :準• ABEGEN• まめ :位• おえっぷ• さんげ• そうすひ• おおさか :13位• でこ :• ダスク• Crna :5位• c :位• :7位• きっさ :4位• かまあげ :7位 :5位• Bull0• タビト• (inP)(在住)• kbo• しまだ 関係者• としても参戦• のEVO にも参加。 現地における通訳を担当• はめこ。 の番組に携わる他、Sの現地配信を。 歴代日本人覇者 のみ。 D () 2(、) (D 、るぅ、) Rad() () 2() () () (、) (、) () () (、) 2() 4() 4 エボリューション() () 2(、) () Rad() (、、) にっと () Yan(よっさん、) () ([()との]) () ション() () () C () () ノビ () () () まちゃぼー () 様 () おみと (、) せい AL () へいほぉ () ション() () らんぽ :e[]() ゆっとと () 関連動画 関連項目•

次の

三太郎

三太郎 格 ゲー

シリーズ新作予定(一部)• 地域別(直近イベント数)• 国内で開催中の全国大会・リーグ戦• カプコンプロツアー• 鉄拳ワールドツアー• DBFZワールドツアー• アークワールドツアー• DOA6ワールドチャンピオンシップ• SNKワールドチャンピオンシップ• ソウルキャリバーワールドツアー• スマッシュワールドツアー• EVO(World)• EVO Japan• 大会メモ•

次の

第三回企業対抗格ゲートーナメント『GUILTY GEAR Xrd

三太郎 格 ゲー

nicovideo. 1%の支持でデジタルハーツさん大幅優勢。 トッププレイヤーが在籍&ドワンゴに対して無敗の実績を物語ります。 選手紹介。 小川さんのパートでは会場の雰囲気が和やかに。 カリスマ性も持つトッププレイヤーです。 デジタルハーツ: ネギヌキ さん カイ が勝利。 緊張から手元が狂う苦しい展開も、徐々に落ち着きを取り戻し、 吸い込まれるように対空が決まります。 広報営業としての参戦とのコメントでしたが、みごとな対空引率でした。 中堅戦。 デジタルハーツ: ポラットさん 梅喧 )が続けて勝利。 新キャラをしっかりと使いこなし、ドワンゴ:シエン ラムレザル を一蹴。 巧みな妖斬扇でフィニッシュし、チームの勝利を決めます。 大将戦は試合に負けても小川選手を打ち取れば、、なんていうドワンゴ:次郎にとってはノーリスクの小川チャレンジに 1ラウンドも奪えず次郎は思わず苦笑い。 ブレイブルーでアマネ家庭用全一、シンでも賞金首クラスの猛者が暴君の前ではタジタジ。 一方、余裕の表情をみせるオガちゃん 実況席のデジタルハーツ広報の中里 真理佳さん、荒井 勇樹さんも余裕の試合観戦。 最後は、ガーキャンの切り返しもきっちり読まれて万事休す。 デジタルハーツがこのままの勢いで行くのか、ドワンゴ巻き返せるのか? いきなり小川さんが登場します。 先鋒戦。 デジタルハーツ:小川さん ネカリ vsドワンゴ:ねこぜ ナッシュ。 敗れたものの要所で見せるトッププレイヤーの鋭さとタレント性は流石の小川さんでした。 次鋒戦。 デジタルハーツ:カメオカさん 豪鬼 vs ドワンゴ:てつじん28号 ザンギエフ。 この春に両社の格ゲー部に入った新卒対決となります。 1-1からの白熱した展開はてつじんに軍配。 今後の再戦が楽しみなフレッシュな試合となりました。 中堅戦。 デジタルハーツ:みだれねこさん いぶき vsドワンゴ:シュート アレックス。 後がないデジタルハーツさん。 ここでLP10000を超えるみだれねこさんが登場。 大事な中盤でしっかり星を取り戻します。 クラカンからの反応が的確で、コンボも重たいものを選択しハイレベルでした。 みだれねこさんは今回も名古屋からご参戦! 弊部にお土産まで頂きお心使い、本当にありがとうございます。 副将戦。 デジタルハーツ:くっぱさん 豪鬼 vsドワンゴ:杉ザン ザンギエフ。 EVO Tシャツを着込んだくっぱさんはLP13500とこちらも猛者。 お互い1本目ずつ取りあい、勝負の3本目。 そのまま流れをつかみ試合を決め、ストリートファイター5はドワンゴ勝利となります。 大将戦。 デジタルハーツ:ダイキさん リュウ vsドワンゴ:やまだん バーディ。 LP20000というダイキさんは界隈でも有名な上級リュウ使い。 今回はやまだんとダイキさんが友人ということで、試合前の煽りあいがすさまじい。 1ラウンドも取らせないと豪語するダイキさん。 対するやまだんも受けて立ちます。 2本目に1ラウンドを奪い歓喜するやまだん。 対するダイキさんはこの表情。 2本目の試合に勝利し叫ぶやまだん。 ここからダイキさんの歯車が狂い始めます。 , INC. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

次の