案山子 の 作り方。 ペットボトル風車の作り方~週末や自由研究のおすすめ工作

【簡単】ペットボトル風車(かざぐるま)の作り方!モグラや鳥除けに!

案山子 の 作り方

かかしの里 イベントご案内 「奥播磨かかしの里のひなまつり」のご案内 R2. 13 「奥播磨かかしの里のひなまつり」が始まりました。 かかしの里ならではのユニークな等身大ひな 人形が 勢ぞろいしますのでぜひご見学ください! 開催期間: 令和2年1月13日(月)〜 4月5日(日) ところ: 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 グリーンステーション鹿ケ壺 TEL0790-66-3505 火曜定休 (入館は無料です。 ) 第10回「ふるさとかかしサミット」が開催されます。 25 「奥播磨かかしの里」と同様に、人間そっくりのかかしを展示して 町おこしをしている地域、並びにかかしを設置している施設や 店舗が一堂に会する「ふるさとかかしサミット」が開催されます。 かかしの展示と共に、地元特産品の販売や、それぞれの店の 看板商品の販売、出店による食べ物・飲み物の販売も行います。 今回は特別企画として、「野良着でフォトジェニック」を開催。 「もんぺ」や「麦わら帽子」などの野良着姿になり、かかしの里の かかしと一緒に写真を撮る催しを行いますのでぜひご参加ください。 とき 11月10日(日) 10:00〜15:00 小雨決行 ところ 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 駐車場は集落内の各所にありますので、マイカーでの来場も可能です。 「なりきりフォトイベントin奥播磨かかしの里」のご案内 H31. 30 あなたも野良着を着て里の住人になりきり、 かかしと一緒に写真を撮ろう! 開催日: 平成31年5月26日(日) 10時〜16時 ところ: 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 グリーンステーション鹿ケ壺 TEL0790-66-3505 火曜定休 (雨天決行、参加無料です。 ) 「奥播磨かかしの里のひな祭り」のご案内 H31. 20 かかしの里で恒例の「ひなまつり」イベントが始まりました。 かかしの里ならではのユニークな等身大ひな人形が、 「ひな壇」「ひな舞台」「ひな御殿」に勢ぞろいします! 開催期間: 平成31年1月20日(日)〜 4月7日(日) ところ: 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 グリーンステーション鹿ケ壺 TEL0790-66-3505 火曜定休 (入館は無料です。 ) ひな壇 ひな舞台 ひな御殿 ふるさとかかしギャラリー ふれあいの館(2階) 「奥播磨かかしの里」写真展、及び蓮性寺行灯教室(岡山県新見市)の行灯展示 第9回「ふるさとかかしサミット」が開催されます。 H30. 5 11/17(土)に「ふるさとかかし」と同様に人間そっくりのかかしを展示して 町おこしをしている各地域、並びにかかし(里親かかし)を設置している 施設や店舗が一堂に会する「ふるさとかかしサミット」が開催されます。 各地で活躍するかかしの展示と共に、地元特産品の販売や、それぞれの 店の看板商品の販売、出店による食べ物・飲み物の販売も行います。 今回は特別企画として、「兵庫県立人と自然の博物館」、「国営明石海峡公園 (神戸地区)あいな里山公園の協力を得て「懐かしいふるさと展」を開催します。 また、姫路市による「林業体験フェア」も同時開催しますのでぜひお越しください。 とき 11月17日(土) 10:00〜15:00 小雨決行 ところ 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 会場には駐車場がありません。 会場の約15分手前の姫路市安富事務所の 駐車場から「林業体験フェア」会場行きの無料送迎バスが運行されます。 「奥播磨かかしの里のひな祭り」のご案内 H30. 10 かかしの里で「ひなまつり」の特別展示が始まりました。 かかしの里ならではのユニークな等身大ひな人形が、 「ひな壇」「ひな舞台」「ひな御殿」に勢ぞろいします! また、「かかしの里写真展・版画展」も同時開催します。 開催期間: 平成30年2月10日(土)〜 4月8日(日) ところ: 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 グリーンステーション鹿ケ壺 TEL0790-66-3505 火曜定休 ( 入館は無料です。 ) 天井まで届く巨大な「ひな壇」 ひな人形が宴会を楽しむ「ひな舞台」 子どもたちが遊ぶ「ひな御殿」 内掛け姿のお姫様・・・!! 同時開催の「写真展・版画展」(写真23点、版画15点を展示) 第2会場 ひな人形展 第3会場 かかしギャラリー 第8回「ふるさとかかしサミット」が開催されました。 H29. 5 11/5(日)に「ふるさとかかしサミット」が開催されました。 好天に恵まれ た会場には多くの見物客が訪れ、集落一帯も大変にぎわいました。 今回は特別企画として、福井県坂井市の「日本一短い手紙」の作品展も開催し かかしとコラボ展示しています。 作品展は鹿ケ壺山荘で12日 日 まで。 「サミット」特別展示のかかしの山車 会場に集まったかかしたち かかしの里の集落内の様子 あちこちで写真撮影が行われています。 子どもたちも楽しそう。 「日本一短い手紙」作品展はかかしとコラボ展示しています。 第8回「ふるさとかかしサミット」が開催されます。 H29. 1 11/5(日)に「ふるさとかかし」と同様に人間そっくりのかかしを展示して 町おこしをしている各地域、並びにかかし(里親かかし)を設置している 施設や店舗が一堂に会する「ふるさとかかしサミット」が開催されます。 各地で活躍するかかしの展示と共に、地元特産品の販売や、それぞれの 店の看板商品の販売、出店による食べ物・飲み物の販売も行います。 今回は特別企画として、福井県坂井市の「日本一短い手紙」一筆啓上賞 の作品展をサミット会場で行います。 「ふるさと」をテーマとした作品を 中心に展示し、「ふるさとかかし」と「短い手紙」のコラボ展示を行います。 とき 11月5日(日) 10:00〜15:00 雨天決行 ところ 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 グリーンステーション鹿ケ壺駐車場 「野外カフェ」を開催しました。 H29. 24 コスモスの花が満開を迎えた「奥播磨かかしの里」で9月24日、野外カフェを開催 しました。 絶好の秋日和の中、神戸のコーヒー店の主人がかかしの里の湧き水 を使ったコーヒーを提供、多くの方がのどかな風景と深い味わいを楽しみました。 コスモスの花が咲き始めました。 H29. 21 奥播磨かかしの里でコスモスの花が咲き始めました。 見頃は9月中旬〜下旬で、かかしの里の集落の あちこちで花が風に揺れ秋の風情を漂わせます。 また、「ふるさとかかしギャラリー」一帯は一面のコスモス畑になります。 今年は、9月24日(日曜日)に「縁側カフェ」も開店予定です。 ( この写真は昨年9月中旬の「ふるさとかかしギャラリー」の様子。 ) 天井まで届く「ひな壇」 ひな人形が宴会中の「ひな舞台」 子どもたちが集まる「ひな御殿」 ふるさとかかしギャラリー 第7 回「ふるさとかかしサミット」が開催されました。 H28. 13 11/13(日)に「ふるさとかかしサミット」が開催されました。 新聞、その他のメディアで 多く紹介されたこと、また天気にも恵まれたこともあり多くの見物客で賑わいました。 メインの「かかしサミット」会場 かかしの里集落内の特別展示の「山車」 サミット特別展示の「かかしの里のひな人形のオフ休暇」 普段は人通りのない道もこの賑わい 第7 回「ふるさとかかしサミット」が開催されます。 H28. 4 11/13(日)に「ふるさとかかし」と同様に人間そっくりのかかしを展示して 町おこしをしている各地域、並びにかかし(里親かかし)を設置している 施設や店舗が一堂に会する「ふるさとかかしサミット」が開催されます。 各地で活躍するかかしの展示と共に、地元特産品の販売や、それぞれの 店の看板商品の販売、出店による食べ物・飲み物の販売も行います。 とき 11月13日(日) 10:00〜15:00 雨天決行 ところ 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 グリーンステーション鹿ケ壺駐車場 コスモスの花の頃になりました。 H28. 4 奥播磨かかしの里でコスモスの花が咲き始めました。 見頃は9月中旬〜下旬で、かかしの里集落の庭先や、畑のあぜ道などで花が風に揺れ 秋の風情を漂わせます。 また、かかしギャラリー一帯は一面のコスモス畑になります。 写真はいずれも、昨年9月中旬〜下旬の花の様子です。 伝統行事の火祭り「まんど」が開催されました。 H28. 23 7月23日(土)に「奥播磨かかしの里」のある関地区で、 村の伝統行事である火祭り「まんど」が行われました。 写真は松明 たいまつ の明りに照らされるかかしです。 「老松酒造蔵開き」が開催されます。 H28. 27 里親かかしの「善次郎」が置かれている宍粟市山崎町の老松酒造で 「蔵開き」イベントが開催されます。 会場の蔵では、奥播磨かかしの里の 「ひなまつり」イベントで展示されていたひな人形かかしも登場します。 開催期間 5月1日(日)〜5日(木) 「奥播磨かかしの里のひな祭り」が始まりました。 H28. 13 かかしの里ならではの等身大のひな人形による 「ひな壇」 「ひな舞台」に加えて、今年は「ひな御殿」が登場しました。 開催期間: 平成28年2月13日(土)〜 4月3日(日) ところ: 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 グリーンステーション鹿ケ壺 TEL0790-66-3505 火曜定休 ( 入館は無料です。 ) 天井まで届く「ひな壇」 ひな人形が宴会中の「ひな舞台」 子どもたちも遊ぶ「ひな御殿」 ひなまつりの看板官女 「トミコXL」 かかし家族がひな祭りを楽しむ「ふるさとかかしギャラリー」 村人のかかしも「ひな人形」に扮して楽しみます。 「かかしの教室」にもひな人形が飾られています。 当地域に残る「ひな掛け軸」も展示しています。 (青少年交流センター) 第6 回「ふるさとかかしサミット」が開催されました。 H27. 3 11/1(日)に「ふるさとかかし」と同様に人間そっくりのかかしを展示して 町おこしをしている各地域、並びにかかし(里親かかし)を設置している 施設や店舗が一堂に会する「ふるさとかかしサミット」が開催されました。 各地から集まったふるさとかかしの展示と共に、地元特産品の販売や、 それぞれの店の商品販売などが行われ多くの見物客で賑わいました。 各地域のかかしが並んだ展示会場 サミット特別展示の「かかしの山車(だし)」 伝統行事の火祭り「まんど」が開催されました。 H27. 5 7月25日(土)に「奥播磨かかしの里」のある関地区で、 村の伝統行事である火祭り「まんど」が行われました。 写真は松明 たいまつ の火に照らされるかかしと、それを見守る月です。 住民20名ほどの集落で高齢化が進み、松明(たいまつ)の確保、準備が大変になっています。 「かかしの教室」がオープンしました。 H27. 21 奥播磨かかしの里に「かかしの教室」がオープンしました。 長い間空き家になっていた工事現場事務所を活用した展示施設で、学校の「参観日」を 再現しており、授業中の子どもたちとそれを見守る大人のかかしが展示されています。 本来の目的はイベント展示用のかかしの保管スペースであり、管理上の問題もあり 教室内には入れませんが、授業のじゃまにならないよう窓からそっと覗いてください。 元気な村の子どもたち。 授業のじゃまにならないよう窓からそっと覗いてください。 大勢の村人が見守っています。 「奥播磨かかしの里のひな祭り」が始まりました。 H27. 1 おひな様とかかしの共演をお楽しみください。 開催期間: 平成27年2月1日(日)〜 4月5日(日) ところ: 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市安富町関地区 お問い合わせ:グリーンステーション鹿ケ壺 TEL0790-66-3505 火曜定休 かかしによる等身大の「ビッグひな人形」 昨年登場したひな壇には左大臣・右大臣が加わりました。 今年から新たに登場した「ひな舞台」 ひな人形が車座になって宴会をし、ひな祭りを楽しんでいます。 今日は「無礼講」。 皆一緒になって大騒ぎしています。 「ふるさとかかしギャラリー」ではかかしの家族がひなまつりを楽しんでいます。 第5回「ふるさとかかしサミット」が開催されました。 H26. 9 11月2日(日)に奥播磨かかしの里で第5回「ふるさとかかしサミット」が 開催されました。 各地から集まったかかしを含めて約250体が展示され、 住民20名の集落に二千人近い見物客が訪れイベントを楽しみました。 大盛況のイベント会場 「奥播磨かかしの里」村長もお出迎え 八頭ふるさとかかしのまち 天空の村かかしの郷 かかしプロジェクトチーム in 井原 鳥取大学三徳レンジャー NPO法人京街道魅力づくり ふるさとかかしの町やすとみ 各地の施設・店舗で活躍している「里親かかし」も里帰り 「飲食コーナー」も大盛況、完売!! 「奥播磨かかしの里」の集落一帯も見物客でにぎわいました。 伝統行事の火祭り「まんど」が行われました。 H26. 19 7月19日(土)に「奥播磨かかしの里」のある関地区で、村の伝統行事である 火祭り「まんど」が行われました。 当日は鹿ケ壺山荘前でのステージイベント の他、協力団体による出店や福引などが行われ多数の見物客が訪れました。 松明 たいまつ の火を眺めるかかし 愛媛県久万高原町から視察団が訪れました。 H26. 17 石鎚山、面河渓、 四国カルストなどの景勝で知られる愛媛県久万高原町から 「奥播磨かかしの里」に視察団が訪れました。 一行はかかしによる村おこしの 活動概要や製作方法を聞いたり、設置されているかかしを興味深く見学され、 「自分たちも作ってみたい!」との思いを新たに里を後にされました。 大阪府吹田市の名神高速 吹田SAに 「秀吉・ねね」のかかしが設置されました。 H26. 20 中国自動車道 安富PAの「黒田官兵衛」のかかしに続き、 吹田SAでは「秀吉」のかかしが利用客をお迎えします。 下り線(神戸方面) 上り線(京都方面) 姫路市安富町の中国道 安富PAに 「黒田官兵衛」のかかしが設置されました。 H26. 24 官兵衛と、光姫、長政の家族3人が、利用者に 「官兵衛」ゆかりの地をPRしています。 下り線(岡山方面) 上り線(大阪方面) 第4回「ふるさとかかしサミット」が開催されました。 H25. 20 「ふるさとかかし」と同じイメージの案山子を製作・展示して町おこしをして いる各地域が、案山子とともに一堂に会する「ふるさとかかしサミット」が 徳島県三好市東祖谷の「天空の村かかしの郷」で開催されました。 「奥播磨かかしの里」(兵庫県姫路市)から参加した案山子。 ふるさとかかし「ポストカード」も販売 「かかしプロジェクトinいばら」(岡山県井原市)から参加した案山子。 地元徳島から参加した案山子。 東祖谷かかしの郷、旧名頃小学校の案山子。 「ふるさとかかしギャラリー」で お接待イベントが開催されました。 H25. 22〜23 コスモスが見ごろの奥播磨かかしの里「ふるさとかかしギャラリー」で 見物客にお茶とお菓子をふるまうお接待イベントが開催されました。 当日は秋晴れの下、大勢の見物客が山里の秋を楽しみました。 コスモスが満開の「ふるさとかかしギャラリー」 見物客で賑わう「かかしギャラリー」 岡山県井原市でかかしによる町おこしが始まりました H25. 24 井原市内の「県 あがた の里まちづくり推進協議会」と「大江まちづくり協議会」合同の かかしによる町おこしが始まりました。 8月24〜25日、8月31日〜9月1日に 「奥播磨かかしの里」から招いた講師の指導のもと、かかしの製作を行いました。 今後、「ふるさとかかしネットワーク」の一員として、かかしによる町おこしに取り組みます。 伝統行事の火祭り「まんど」が開催されました H25. 20 7月20日(土)に「奥播磨かかしの里」のある関地区で、 村の伝統行事である火祭り「まんど」が行われました。 当日は多数の見物客が見守る中、松明 たいまつ の点火が行われました。 松明 たいまつ の火を見守る月とかかし 「かかしの里」に視察団が訪れました H25. 30 6月30日(日)、「」に岡山県井原市から視察団が訪れました。 井原市内の「県 あがた の里まちづくり推進協議会」の皆さんで、今年1月に視察を 受けた同市内の「大江まちづくり協議会」の皆さんとともに、「ふるさとかかしネット ワーク」の一員として今後、案山子による町おこしに向けた取り組みが行われます。 姫路市安富町に「ふるさとかかしの町」をPRする モニュメントが完成しました H25. 8 「奥播磨かかしの里」のある姫路市安富町に「ふるさとかかしの町」 をPRするモニュメント(東屋および観光案内板)が完成しました。 ここには、安富町で案山子による町おこしに取り組むメンバーが 製作した案山子が設置され、道行く人達の話題になっています。 見物客の記念撮影スポットになっています。 東屋の横には、魚釣りのお爺ちゃんと子どもが川を見下ろしています。 正月の恒例行事「とんど」が開催されました H25. 12 「奥播磨かかしの里」のある関地区で正月恒例の「とんど」が行われました。 見物客の皆さんも参加いただき、懐かしい行事を楽しみいただきました。 「とんど」の火でお餅を焼いて食べます。 案山子も参加しました。 奥播磨「ふるさとかかしサミット」が開催されました H24. 11 「ふるさとかかし」と同じイメージの案山子を製作・展示して町おこしをして いる各地域が、案山子とともに一堂に会する「ふるさとかかしサミット」が 「奥播磨かかしの里」で開催されました。 参加6地域の製作メンバーが、 製作した案山子と共に参加し、町興しの取り組みなどを紹介しました。 <参加地域> 奥祖谷かかしの里(徳島県三好市東祖谷) 佐伯町かかしのまち(広島県廿日市市佐伯町) さつまいも畑にかかし村(大阪府寝屋川市寝屋) 若桜町景観まちづくり(鳥取県若桜町) 八頭ふるさとかかしのまち(鳥取県八頭町) 奥播磨かかしの里(兵庫県姫路市安富町) 多数の案山子がお出迎え。 あいにくの雨天のため屋内展示となりましたが、多数の見物客が訪れました。 各地域での活用の様子を写真で紹介しました。 地場産品の販売や、シシ肉うどん、豚汁なども提供しました。 軽トラに乗って展示会場へ・・・。 「かかしサミット2012」が開催されました H24. 18 「ふるさとかかし」と同イメージの案山子を製作・展示している各地の代表 が集合する「かかしサミット2012」が鳥取県八頭町で開催されました。 今年は6地域の製作メンバーが、約100体の案山子と共に参加し、各地 の村興し・町興しの取り組みについて情報交換し親交を深めました。 <参加地域> 奥祖谷かかしの里(徳島県三好市東祖谷) 奥播磨かかしの里(兵庫県姫路市安富町) 佐伯町かかしのまち(広島県廿日市市佐伯町) さつまいも畑にかかし村(大阪府寝屋川市寝屋) 景観まちづくり(鳥取県若桜町) 八頭ふるさとかかしのまち(鳥取県八頭町) 奥祖谷かかしの里 奥播磨かかしの里 佐伯町かかしのまち さつまいも畑にかかし村 若桜町景観まちづくり 八頭ふるさとかかしのまち かかしの嫁入り(奥播磨かかしの里) 奥播磨かかしの里消防団.

次の

田んぼの見張り番・・・

案山子 の 作り方

ソーラー案山子 リアルだと迷惑? 両親の畑のカラス被害が酷いので、案山子を作ろうと思います。 しかしただの案山子では賢いカラスにはほとんど効果が無いと聞きました。 そこでソーラーパワーで動く案山子を作ろう思っています。 なるべく人間に近い見た目で動く様に作りたいのですが、「それでは近所の人が怖がってしまう」という父の意見。 畑は結構人の出入りが少ない奥まった場所にあるので「大丈夫だろう」というのですが、母が「奥まっているからこそ、知らない人が見たら不気味ではないか」といいます。 最初の構想では鎌を振っている案山子にしようと思っていましたが、クリスマスでよく見かける街頭の腰振りサンタのようなものに下方修正で検討しています。 「案山子なんてナンセンス。 もっと手軽で効果的な方法がある」もしくは「いや、リアルに作ったほうが良い!」 カラスの習性に明るい方、案山子に不快感を持っている方、様々な方の意見をお聞かせください。 案山子(多少リアルじゃなくても)を含め、先の回答者さんが仰る策も効果的なんですが、カラスは賢いので一度見破ると効果がなくなっちゃうんですよね…。 もしすごくリアルに作っても、危害を加えないモノであることを学習すれば、やっぱり同じ結果になります。 また、私は釣りやトレッキングをするので、よく「人の出入りの少ない奥まった場所」にある耕作地周辺を通りがかるんですが、ご心配のとおり、リアル過ぎる案山子は正直ビビります(かなり…)。 最近農家さんもあの手この手でバラエティに富んだ案山子を作られていて肝を冷やすことがよくあります。 先日なんか、そこそこの高さの草で覆われている土手の下にある水田の案山子に、斜面の中腹でしゃがみ込んでいる超リアルなものがあり、夕方だったこともあって風で揺れた草の合間からしゃがみ込んだ人影が出てきた時は、心臓が止まるほどびっくりしました(自分で言うのもなんですが私は夜の山道も普通に歩き回るので普通の人より驚きやすいわけではありません…あれは子供や気の弱い人なら泣くかも知れないくらいリアルでした…)。 まぁ、そんな通りすがりの人に気づかう必要もないかも知れませんが、できればそこまでリアルにしないでもらいたいなぁーと切に思います。 見る人には本物の人間でないことがすぐ分かり、カラスには人間に見える…というのが有り難いし、実際に効果もあると思います。 サンタさんなんて良いアイディアですね。 ただ、先に書いたように動こうが動くまいが、サンタがニセモノであることに気づいてしまえば、効果もそこで終わりです。 カラスは単調に繰り返すだけの動きなら、ある程度の期間で見破ります。 電動で同じ動きを繰り替えさせるより、風や明るさで動きや見た目(透過度や反射を含む)が変わる演出の方が効果的です。 例えば案山子なら、見る人に本物の人間でないことが分かるくらいファンキーな衣装を着させて、それを隔週くらいのペースで着替えさせる(ついでに少し位置を変える)とか、時々案山子を引っ込めて他のテープや「死カラス案山子(もちろん模型)」に交代させるなど、カラスに覚えさせないローテーションをしてやるのが大切ですよ。 案山子の人数を時々増減させるのも効果が非常に高いです。 そうそう、カラスは長いものを持っている人間を避ける傾向があるので、クワやカマまでリアルじゃなくても、例えば竹刀(に見える棒)とか、釣り竿(に見えればOK)を担がせておく、というのも良い手です。 ただし、風で倒れて通りすがりの人に怪我をさせるような物を持たせないように気をつけて下さい。 それこそ驚かせるどころじゃ済まない迷惑になってしまいます。 常にカラスの学習の先回りをできるよう、ある意味知的な攻防戦だと思って頑張って下さい。 真剣に頭を使えば我々の方が賢いのは間違いありませんからね。

次の

かかし作り講習会に参加してきました: 「みやしろで暮らそっ」の宮代町でちょっとだけ。。。より道

案山子 の 作り方

奥播磨かかしの里 「かかし」による村おこし 奥播磨かかしの里 兵庫県姫路市の最奥にこの村はある。 四方を山に囲まれた静かな集落、 そこに村人たちと暮らす案山子がいる。 ここにはあなたの心を癒す「ふるさとの原風景」があります。 里のご案内 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜 兵庫県姫路市安富町関地区 集落一帯 「奥播磨かかしの里」は公園でも観光施設でもなく、一般住民の住む集落です。 見物に当たっては住民の迷惑になることのないよう十分にご注意願います。 集落の近くに、食事・休憩のできる「グリーンステーション鹿ケ壺」 火曜定休日、TEL0790-66-3505 があります。 集落には約130体のかかしが一年を通して設置されています。 四季折々の山里風景と一体化したかかしをぜひご覧ください。 奥播磨かかしの里 村長 播磨 鹿之助 里の住人たち 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 一夜明けたら一面の雪景色。 さあ、朝めし前に雪かきをするか・・・。 今日は村の伝統行事の「とんど」の日。 過疎の村ですが、皆楽しくやっています。 「かかしの里消防団」の災害特別警戒 かかしの里のひな祭り (例年、2〜3月に開催 かかしの里ならではの「等身大ひな人形」が登場します。 ひな壇 ひな舞台 ひな御殿 「やっと春になったのう。 」 「今年は雪が多くて大変だった・・・。 」 花見のひととき 今日は晴れ着を着ておすまし・・・ 野良仕事中のひととき 花盛りのかかしの里 時々、声をかける人がいます 「かかしの教室」の校庭も桜が満開 子どもたちも野原で遊びます 皆、畑仕事に精がでます 春の陽気のあぜ道。 聞こえるのは、ウグイスの声と、ミツバチの羽音。 家族総出の畑仕事 「じいちゃん、おにぎりおいしいね。 」 散歩の途中のお気に入りのベンチ 「いい天気になったね。 」 「今日は体の調子もいいもんで、孫を連れて神社まで・・・」 「爺ちゃん、早く行こう・・・」 「あの山の杉も大きくなったのう。 」 「ああ、ワシらが子どものころ苗を植えた山じゃが・・・。 」 新緑が鮮やかな季節になりました ふるさとのバス停 「この木陰すずしいね。 ここでおやつを食べよう。 」 ああ、腰が痛い・・・ この畑の広さはワタシにはもう無理・・・ ゲンさん。 いかつい顔で、ぶっきらぼう。 でも、顔に似合わず心優しくて力持ち。 村一番の働き者。 この小屋も古くなって、扉を開けるのもひと苦労・・・ 梅雨空のわずかな晴れ間。 山裾から霧が沸き上がる。 「かかしの里分校」の教室 今日は「参観日」。 元気な子どもたちの声が聞こえてきます。 詳細は「かかしの教室」のページに紹介しています。 真夏の昼下がり。 いくら山里とはいってもこの暑さは年寄りにはこたえる・・・。 近所のお爺さん、お婆さん 村の「掲示板」 コスモスの花の頃を迎えました。 村のあちこちでコスモスの花が揺れます。 となりの家へのコスモスの道 古民家を活用した「ふるさとかかしギャラリー」 詳細は「ふるさとかかしギャラリー」のページに紹介しています。 コスモスが満開の「ふるさとかかしギャラリー」 ギャラリー前の畑も一面のコスモス 野良仕事の帰り道。 コスモスの花に押されて歩むあぜの道。 腰は曲がってもまだまだ元気! ツマグロヒョウモン ホトトギスの花 裏山の大イチョウも黄葉の盛り ここは僕たちの「お城」 庭にやって来た「ジョウビタキ」 人(? )なつっこく、帽子にも止まります。 冬が近づいてきました 「このへんでいいか?」 「う〜ん、もうちょっと下か・・・。 」 雪の朝。 頭にかぶるのは「綿ぼうし」。

次の