怖い話 人間 女。 【超閲覧注意】洒落にならない「怖い話」まとめ…最強レベルの短編怪談

公園のサイコ女

怖い話 人間 女

これは、A子さんが体験した話。 A子さんは、田舎で生まれ育った。 そして、大学進学のために東京に出てきて、一人暮らしを始めた。 慣れない女の一人暮らし。 東京は怖いイメージがあったので、オートロックのマンションを選ぶ。 仕送りだけでは足りないため、バイトを始めたA子さん。 帰りが遅くなってしまうことも多くなった。 夜道は怖かった。 というのも、誰かにつけられているような気がするのだ。 最初は気のせいかと思っていた。 だが、夜帰宅するとマンションのエレベーターで、毎回同じ男の人と顔を合わすようになった。 A子さんがエレベーターに乗ると、どこからか毎回同じ男の人が走ってきて、エレベーターに乗り込むのだ。 メガネをかけていて、小太りの男。 まだ春なのにいつも半袖の服を着て、汗をかいているようだった。 A子さんの部屋は3階。 その男性がボタン押すのは4階。 1つ上の階の住人なのだろうか。 そんな、ある日。 A子さんが、夜に部屋でテレビを見ていると、インターホンが鳴った。 ピンポーン こんな時間に誰だろうか。 覗き穴 ドアスコープ から覗いてみると、なんと、いつもエレベーターで一緒になる男の人が立っていた。 その瞬間、恐怖を感じる。 だが、同じマンションの住人である可能性も高い。 出ないわけにもいかない。 A子さんはドアチェーンだけはかけたまま、ドアを開けた。 すると、た男は真剣なトーンでこう言った。 「・・・・あのー、僕と付き合ってください・・・・」 一瞬、言っている意味が分からなかった。 これが二人の初めての会話なのだ。 それなのに、付き合ってくれだなんて・・・・ 「ごめんなさい・・・」 それだけ言うと、A子さんは扉を閉めた。 今のはいったいなんだったのだろうか。 あまりのことに、不気味さを感じずにはいられない。 次の日。 A子さんがバイトから帰宅してみると、エレベーターに例の男の姿はなかった。 さすがに、あんなことを言った次の日は姿を見せられないらしい。 少し安心した。 部屋に帰り着き一息つくと、テーブルの上に1枚の紙切れが置いてあるのを発見した。 見覚えのない紙切れだった。 こんなもの、出かけていくときはなかった気がする。 紙を見てみると、そこには 「僕、諦めませんから。 」 と書かれていた。 A子さんは、あまりの恐怖に絶句した・・・・ その後、分かったことなのだが、男はA子さんの部屋の真上の部屋に住んでいた。 おそらく、A子さんの部屋にはベランダから侵入したものと思われた・・・・ 女性の一人暮らしは、女性が思っている以上に、危険がすぐそばにあるのかもしれない・・・・.

次の

人間の狂気 ストーカーの怖い話

怖い話 人間 女

こんばんは、木ノ下コノキ()です。 今夜も前作と同じような浮気男のはなし。 【人間の怖い話】第十七夜 懲りない男と怖い女 わたしの知り合いに結婚しても浮気を繰り返し、奥さんと別居になっても気にしない、むしろその状況を楽しむかのように合コンや飲み会の席にちょくちょく顔を出す男がいた。 名前はまさお(仮名)。 まさおは、ごくごく普通の会社員。 少しぽっちゃりの冴えない男... のはずだが、なぜか女性に人気だった。 まさおはとにかくよく喋り、よく笑う。 裏表のないその姿が誰からも好かれるのかなとも思う。 しかし彼は、ちょっとアレなんだよなあ。 女の子が好きすぎるというか... 誰にでも手を出そうとするから周りにすぐバレる。 前にこんなことがあった。 あいこ(仮名)に猛プッシュしていたまさおだったが、とある飲み会で知り合ったえみこ(仮名)と酔った勢いなのか一夜を共にした。 あいこもえみこも友達同士。 偶然なのか運が悪いだけなのか、えみことのそれがあいこにも伝わり、さらにそこに当事者とは関係のない彼女らの友達が現れゴタゴタが倍以上に膨れ上がった。 わたしとまさおは友達ほど仲良くはないけど、(とある)管理者という立場同士でで集まることもあり、その時に彼女らとその友人の相談をされた。 わたしは面倒くさいことに巻き込まれたくなかったので、話を聞くだけで何もしなかったのだが、どういう流れでそうなったのか分からないが、まさお本人がわたしの名前も出したことからその女たち(一応わたしも友達)から話を持ちかけられた。 完全に巻き込まれたのだ(もうこういう運命なのかな) あいこの話。 あいこはまさおから好かれてることを知っていた。 あいこもまた既婚者。 旦那さんのことは好きだけど空気のような存在になりすぎてて、つまらない毎日。 旦那さんは帰りがいつも遅く、夜はいつもひとりだった。 だからたまの飲み会にも参加していたし、気の合う友達もできて楽しく過ごしていた。 そこにまさおからSNSを通じて連絡が来ていた。 まさおが主催する飲み会に誘われた。 飲み会の場所は近いし、行ってみようかな?と気軽な感じで参加してみた。 人の良さそうな人だった。 話も面白いし、LINEも交換した。 それから、何度かあるその飲み会に参加した。 そして、まさおから結構な頻度でLINEが送られてくる。 今度はふたりで飲みに行こうよ、と。 悪い人じゃないけど少しだけ迷惑。 えみこの話。 旦那とは少し前に別れ、独身に戻って嬉しくて毎日飲み歩いた。 とある飲み会で知り合った「あいこ」とは気が合い、たまに飲みに行く仲間になった。 だけど最近、あいこが別の飲み会に参加しているようだ。 どうやらまさおとかいう男主催の飲み会らしい。 わたしも今度行ってみるかな。 あいこが「用事がある」と言っていたその日を狙って。 ふーん、この男がまさおか。 何?この男面白いの何なの?どこがいいの?とじっくり品定めをする。 話をしてみると意外といいやつそうだった。 見た目は全く好みじゃないけどな、あいこもこの男好きなのかな? あいこがいけないんだよ、最近全然一緒に飲みに行ってないんだからね、わたしと。 まさおの話。 あいことはなんでもないよ。 ただの友達。 え?えみこ? あ、それはえみこから誘われたから、ね、そりゃあ男として断れないでしょ。 あいこの話2 私ときっとそういうことしたかったはずなのに、なんでえみことしたのか分からない。 そもそもなんで、えみことまさおが知り合ったのかすら分からない。 よく分からなくて友達に思わず話しちゃった。 えみこの話2 え?私が誘ったって?まさおも私にそれっぽいこと言ってたよ。 けど、結構飲んでたしね、その後の会話がどうだったかとか、どの流れでそうなったかなんて知らないよ。 気付いたら、そうなってたんだもん。 朝、なんでこいつ(まさお)と寝てるのかとこっちも驚いたわ。 わたし まあ、色々ツッコミどころ満載なんですけどね、 あいこはちょっと迷惑していた相手が他の女(友達)とそういうことになったのが気に食わないのよね。 初めは自分が誘われてたのに!てね。 そして、えみこはあいこが最近かまってくれなかったから、その元凶であるまさおが気になって飲み会に視察しにいったが、意外にも気が合って寝てしまった。 まさおはとりあえず女なら誰でもいい感じ。 そしてその三人と全く関係ないところで吠えまくる女友達。 あいこが最初に喋っちゃった相手ね。 わたし? わたしはただ話聞いてるだけなんですけどね、一番疲れるポジションというやつね。 いやだよ、と思っても色んな意見の受取人になってしまってた。 で、結局どうなったかって? あいことえみこは友達やめる形になるかなと思ったら、そうでもなくて まさおが先に次の女にうつったことで、「なにあの男!気持ち悪い!」とまさお批判で意気投合。 仲良くやってるようだ。 不思議すぎるんだけど、ほんとに女は分からない。 まさおは時々わたしに連絡してきては、「ちょっとなんかあいつら怖いんだけど」と文句言ってる。 いや、すべての元凶はお前だからな!まさおよ! おわり.

次の

教訓になる人間の怖い話 変質者

怖い話 人間 女

で、ある日を境に、俺らが公園に着くといつも変な女がいるようになった。 なんか髪はボサボサで服も薄汚い感じ、焦点あってないような目で、ベンチに座ってブツブツ独り言いってる、とにかく奇妙な女。 まぁ、最近変な奴多いしなぁ……とか思いながら黙々と筋トレやってたんだけど、たまにジーッと俺らのほう見てるときがあって、その瞬間は正直怖かった。 俺はできるだけ気にしないようにしてたんだけど、やっぱ高校生が二十人くらい集まれば、ひとりは調子こくやつがいるもんで、まぁ、すげー暑い日でイライラしてたのかもしれないけど、雄二が突然その女にキレた。 「あんたさぁ!いっつもジロジロ見てくるけど、何か用でもあんのかよ!!」てな感じで。 確かにいっつも見られてると気になるし、集中力も奪われるわけで、雄二の気持ちも分からないではなかったけど、あんな変な女には関わらない方がいいのに……と俺は内心思った。 んで、雄二に怒鳴られた女は、言い返すわけでもなく、ただ苦虫を噛み潰したような顔でうつむいてた。 雄二も怒鳴ったことで気が済んだのかそれ以上は何も言わず、俺らはそのまま学校へ戻った。 次の週の火曜は、その公園にいつもの女がいなかった。 さすがに雄二にキレられたのが効いたかな?ってことで、その日はみんな安心して、筋トレに励んだ。 で、そろそろ学校戻るかって時に、ふと水道のほうを見たら、雄二が顔を洗ってたんだけど、どこから現れたのか、あの女が横に立ってた。 俺は心底ゾッとした。 いきなり現れたことも怖かったけど、雄二の横にあの女が立ってるってことは…… と、次の瞬間、その女が手に持ってたタオルを、雄二が水道の上に置いてたタオルとすり替えるのが見えた。 雄二は気付かず、うつむいたまま、タオルに手を伸ばした。 ヤバイと思った。 俺を含め、それを見ていた部員みんなが、一斉に叫んだ。 「雄二!!やめろ!触るな!やめろー!!」」 雄二が驚いてこっちを振り返った。 と同時に、その女はすごい勢いで公園から逃げていった。 俺らは慌てて雄二の所へ行って、すり替えられたタオルに目をやった。 タオルの内側には、マチ針がびっしり刺さってた。 後日聞いた噂だと、その女は精神科を退院したばかりで自宅療養中だったらしい。 で、学校側が報告して、病院に戻されたらしいけど、いつまた出てくるのかと思うと毎日怖かった。 結局卒業までその女を見かけることはなかったけど。 雄二は今も元気にやってんのかな…… (了) Sponsored Link -• 人気のコンテンツ• 最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• に うーん より• に めんどうしゅうたろう より• に めんどうしゅうたろう より• に めんどうしゅうたろう より• に めんどうしゅうたろう より• に 笠島 より• に 匿名 より• に より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 鴨川燕 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に より• に より• メタ情報• ブログランキング.

次の