源氏物語 須磨の秋。 須磨 すま【源氏物語 十二帖】 須磨源氏 すまげんじ

源氏物語~須磨・明石・澪標~

源氏物語 須磨の秋

源氏物語「須磨の秋/心づくしの秋風」(須磨)2/2 問題 源氏物語「須磨の秋/心づくしの秋風」(須磨)2/2 問題 a 前栽の花いろいろ咲き乱れ、おもしろき夕暮れに、海見やらるる廊に出で給ひて、たたずみ給ふ御さまの、ゆゆしう清らなること、所がらはましてこの世のものと見え給はず。 白き綾のなよよかなる、紫苑色など b 奉りて、こまやかなる御 c 直衣、帯しどけなくうち乱れ給へる御さまにて、「釈迦牟尼仏弟子。 」と名のりて、ゆるるかに読み給へる、また世に知らず聞こゆ。 沖より舟どもの歌ひののしりて漕ぎ行くなども聞こゆ。 ほのかに、ただ小さき鳥の浮かべると見やらるるも、心細げなるに、雁のつらねて鳴く声、 d 楫の音にまがへるを、うちながめ給ひて、涙のこぼるるをかき払ひ給へる御手つき、黒き御数珠に映え給へるは、 e ふるさとの女恋しき人々の心、みな慰みにけり。 」と言ふ。 親の常陸になりて下りしにも誘はれで、参れるなりけり。 月のいとはなやかにさし出でたるに、今宵は十五夜なりけりとおぼし出でて、殿上の御遊び恋しく、ところどころながめ給ふらむかしと思ひやり給ふにつけても、月の顔のみまもられ給ふ。 「 f 二千里外故人心。 」と誦じ給へる、例の涙もとどめられず。 入道の宮(藤壺)の、「霧や隔つる。 」とのたまはせしほど、言はむ方なく恋しく、折々のこと思ひ出で給ふに、よよと泣かれ給ふ。 「夜更け侍りぬ。 」と聞こゆれど、なほ入り給はず。 」と誦じつつ入り給ひぬ。 御衣はまことに身放たず、傍らに置き給へり。 憂しとのみひとへにものは思ほえで左右にもぬるる袖かな 【須磨】 【参照】 「八月十五夜、禁中独直対月憶元九」(『白氏文章』) 「去年今夜侍清涼秋詩篇独断賜恩賜御衣今在此捧持毎日拝余香」(菅原道真『菅家後集』) 問1 a 前栽とb 奉りの読みと意味をそれぞれ順に記しなさい。 読みはすべて現代仮名遣いのひらがなで、また、bの読みは漢字部のみを記すこと。 また、f 二千里外故人心の「故人」とはここでは何を指すものか、本文から該当する箇所を抜き出して記しなさい。 1 初雁は恋しき人のつらなれや旅の空飛ぶ声の悲しきで使われている修辞を説明しなさい。 advanced Q. 2 心から常世を捨てて鳴く雁を雲のよそにも思ひけるかなの歌は「民部大輔」自身はどうだというのか、簡明に説明しなさい。 advanced Q. 3 見るほどぞしばし慰むめぐりあはむ月の都ははるかなれどもで使われている修辞を説明しなさい。 advanced Q. 4 憂しとのみひとへにものは思ほえで左右にもぬるる袖かなはどういう心情を詠んだものか、どういう訳でそういう心情を抱くのかが分かるように簡明に説明しなさい。

次の

源氏物語「須磨の秋」原文と現代語訳・解説・問題|世界最古の長編小説

源氏物語 須磨の秋

源氏物語「須磨の秋/心づくしの秋風」(須磨)1/2 問題 源氏物語「須磨の秋/心づくしの秋風」(須磨)1/2 問題 須磨には、いとど a 心づくしの秋風に、海は少し遠けれど、行平の中納言の、関吹き越ゆると言ひけむ浦波、よるよるは、げにいと近く聞こえて、【 b 】あはれなるものは、かかる所の秋なりけり。 c 御前にいと人少なにて、うち休みわたれるに、一人目を覚まして、枕をそばだてて四方の嵐を聞き給ふに、波ただここもとに立ち来る心地して、涙落つともおぼえぬに、枕浮くばかりになりにけり。 琴を少しかき鳴らし給へるが、我ながらいと【 d 】聞こゆれば、弾きさし給ひて、 恋ひわびて泣く音にまがふ浦波は思ふ方より風や吹くらむ とうたひ給へるに、人々おどろきて、【 e 】おぼゆるに、忍ばれで、【 f 】起きゐつつ、鼻を忍びやかにかみわたす。 「げにいかに思ふらむ、わが身一つにより、親はらから、かた時たち離れがたく、ほどにつけつつ思ふらむ家を別れて、かく惑ひ合へる。 」とおぼすに、いみじくて、「いとかく思ひ沈むさまを、心細しと思ふらむ。 」とおぼせば、昼は何くれとたはぶれごとうちのたまひ紛らはし、つれづれなるままに、いろいろの紙を継ぎつつ手習ひをし給ひ、めづらしきさまなる唐の綾などにさまざまの絵どもを書きすさび給へる、屏風のおもてどもなど、いとめでたく、見どころあり。 人々の語り聞こえし海山のありさまを、はるかにおぼしやりしを、御目に近くては、げに及ばぬ磯のたたずまひ、になく書き集め給へり。 「 g このころの上手にすめる千枝、常則などを召して、作り絵つかうまつらせばや。 」と、心もとながり合へり。 なつかしうめでたき御さまに、 世のもの思ひ忘れて、近う慣れつかうまつるをうれしきことにて、四、五人ばかりぞつと候ひける。 h 前栽の花いろいろ咲き乱れ、おもしろき夕暮れに、海見やらるる廊に出で給ひて、たたずみ給ふ御さまの、ゆゆしう清らなること、所がらはましてこの世のものと見え給はず。 白き綾のなよよかなる、紫苑色など奉りて、こまやかなる御 i 直衣、帯しどけなくうち乱れ給へる御さまにて、「釈迦牟尼仏弟子。 」と名のりて、ゆるるかに読み給へる、また世に知らず聞こゆ。 沖より舟どもの歌ひののしりて漕ぎ行くなども聞こゆ。 ほのかに、ただ小さき鳥の浮かべると見やらるるも、心細げなるに、雁のつらねて鳴く声、楫の音にまがへるを、うちながめ給ひて、涙のこぼるるをかき払ひ給へる御手つき、黒き御数珠に映え給へるは、 j ふるさとの女恋しき人々の心、みな慰みにけり。 【須磨】 問1 (1)本文中から「着る」の尊敬語を抜き出しなさい。 (2)本文中で助動詞「る」が可能の意味で使われている文節を抜き出しなさい。 また、c 御前、i 直衣の読みを現代仮名遣いのひらがなで記しなさい。 世のもの思ひ忘れて、近う慣れつかうまつるをうれしきことに思った理由を簡明に記しなさい。

次の

源氏物語 須磨登場人物・見出し

源氏物語 須磨の秋

源氏物語「須磨の秋/心づくしの秋風」(須磨)2/2 問題 源氏物語「須磨の秋/心づくしの秋風」(須磨)2/2 問題 a 前栽の花いろいろ咲き乱れ、おもしろき夕暮れに、海見やらるる廊に出で給ひて、たたずみ給ふ御さまの、ゆゆしう清らなること、所がらはましてこの世のものと見え給はず。 白き綾のなよよかなる、紫苑色など b 奉りて、こまやかなる御 c 直衣、帯しどけなくうち乱れ給へる御さまにて、「釈迦牟尼仏弟子。 」と名のりて、ゆるるかに読み給へる、また世に知らず聞こゆ。 沖より舟どもの歌ひののしりて漕ぎ行くなども聞こゆ。 ほのかに、ただ小さき鳥の浮かべると見やらるるも、心細げなるに、雁のつらねて鳴く声、 d 楫の音にまがへるを、うちながめ給ひて、涙のこぼるるをかき払ひ給へる御手つき、黒き御数珠に映え給へるは、 e ふるさとの女恋しき人々の心、みな慰みにけり。 」と言ふ。 親の常陸になりて下りしにも誘はれで、参れるなりけり。 月のいとはなやかにさし出でたるに、今宵は十五夜なりけりとおぼし出でて、殿上の御遊び恋しく、ところどころながめ給ふらむかしと思ひやり給ふにつけても、月の顔のみまもられ給ふ。 「 f 二千里外故人心。 」と誦じ給へる、例の涙もとどめられず。 入道の宮(藤壺)の、「霧や隔つる。 」とのたまはせしほど、言はむ方なく恋しく、折々のこと思ひ出で給ふに、よよと泣かれ給ふ。 「夜更け侍りぬ。 」と聞こゆれど、なほ入り給はず。 」と誦じつつ入り給ひぬ。 御衣はまことに身放たず、傍らに置き給へり。 憂しとのみひとへにものは思ほえで左右にもぬるる袖かな 【須磨】 【参照】 「八月十五夜、禁中独直対月憶元九」(『白氏文章』) 「去年今夜侍清涼秋詩篇独断賜恩賜御衣今在此捧持毎日拝余香」(菅原道真『菅家後集』) 問1 a 前栽とb 奉りの読みと意味をそれぞれ順に記しなさい。 読みはすべて現代仮名遣いのひらがなで、また、bの読みは漢字部のみを記すこと。 また、f 二千里外故人心の「故人」とはここでは何を指すものか、本文から該当する箇所を抜き出して記しなさい。 1 初雁は恋しき人のつらなれや旅の空飛ぶ声の悲しきで使われている修辞を説明しなさい。 advanced Q. 2 心から常世を捨てて鳴く雁を雲のよそにも思ひけるかなの歌は「民部大輔」自身はどうだというのか、簡明に説明しなさい。 advanced Q. 3 見るほどぞしばし慰むめぐりあはむ月の都ははるかなれどもで使われている修辞を説明しなさい。 advanced Q. 4 憂しとのみひとへにものは思ほえで左右にもぬるる袖かなはどういう心情を詠んだものか、どういう訳でそういう心情を抱くのかが分かるように簡明に説明しなさい。

次の