ジンギスカン モスクワ。 ジンギスカン・メンバーズ / DSCHINGHIS KHAN

駱駝家

ジンギスカン モスクワ

Dschinghis Khan()とは、旧のとその曲(発表)。 Genghis Khan(ゲンギン)は、曲のの表記だが、の関係上、で発売された(盤を除く)およびの表記は全て Genghis Khan と書いてと読む名義となっている。 概要 では、にをつけたが出回った。 「()」もとして有名になったが、同じが同年に発表した曲である。 のである R l(・)と、(本職は分析の専門)である Bernd Mnuer(ベルント・マンガー)は、当時大中だったの By M(ー・M)に誘発され、「第二のー・M」を作ろうと構想を練っていた。 そこで彼らの曲である「 (怪僧ラチン)」を基に、「Dschinghis Khan()」をし、同名の6人・Dschinghis Khan()が結成された。 Dschinghis Khanは、における新人のといわれる g (ヴィ・・)に出場を決め、予選で第となり、本選出場を果たす。 本選に出場したDschinghis Khan()は、見事第4位という成績を収めた。 メンバー ・(Dschinghis Khan())、からの(i of Dschinghis Khan(・サン))、からの( The Of Genghis Khan(の遺産/))の三種類に分けられ、の数は10名(延べ16名)である。 再結成以降からの新は内ではあまり注されていないが、彼らも立なGenghis Khan()の正式である。 オリジナル・メンバー(Dschinghis Khan(ジンギス・カン)) 結成当時から在籍するで、それぞれが決まった色のを着ていたことから、その色で呼ばれることが多い(例:ヴォルフガングはと呼ばれる)。 ・のうち、だけは当初からになることが決まっており、除く5人はによって選抜された。 でもGenghis Khan()として活動している・は、ナ、ヘンリエッテ、ヴォルフガングの3人である。 は、はの再結成時に参加したもののにそれぞれ他界しており、リーは存命ではあるもののの都合により参加を見合わせている。 2005年からのメンバー(Rocking Son Of Dschinghis Khan(ロッキング・サン)) の再結成時に新たに加入しただが、にはして、それまでとして活動していたh()を迎えて、・サンを結成した。 この名はGenghis Khan()の「i of Dschinghis Khan(・サン)」が由来である。 en Trk(シュテ・)/在籍期間:~ の後継者であり、・サンではを務めている。 ru (エプル・ヤ)/在籍期間:~ 一のであり、はすべてが担当している。 2007年からのメンバー( The Legacy Of Genghis Khan(ジンギスカンの遺産/足跡)) 上記が・サンとしてしたのに伴い、新たに迎えられた。 「Genghis Khanの遺産」として、それぞれに配役が割り振られている。 中には不参加・の後を継ぐ者もおり、彼らにはを与えられて歌うことが多いなど、・に近い扱いとなっている。 s Kupt(ス・ート)/役名:Oegoed(オゴデイ)/在籍期間:~ のという設定で、の後継者。 t Vel(カトヤ・ボー)/役名:uya/在籍期間:~ ので女使いという設定。 本名不明/役名:n(ガン)/在籍期間:~ 女士という設定。 hobel(・スベル)/役名:/在籍期間:~ のという設定で、リーの後継者。 Mller(ターニャ・)/役名:Oa/在籍期間:~ お様という設定。 Ths ber(・グ)/役名:Y/在籍期間:~ という設定。 本名不明/役名:h(キャッシュ)/在籍期間:~ 危険なという設定で、の後継者。 主な配置 の結成当時から、の配置は大まか決まっている。 ・のみ記載。 色は項のそれと同じ。 なお、左側が下手、右側が上手である。 結成当時の配置。 以降もこの並びが踏襲される。 脱退後の配置。 リーとナの位置が入れ替わる。 再結成した際の配置。 他界したと、多忙で参加がわなかったリーがいない点を除けば、結成当時と同じ配置となった。 以降はこれに新がな位置に加わる形となる。 他界後の配置。 がヴォルフガングのみとなったためか、ヴォルフガングとヘンリエッテの位置が、彼が中央になる。 再度ヴォルフガングとヘンリエッテの位置が入れ替わる。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

ジンギスカン(Dschinghis Khan)のメンバーについて

ジンギスカン モスクワ

Dschinghis Khan()とは、旧のとその曲(発表)。 Genghis Khan(ゲンギン)は、曲のの表記だが、の関係上、で発売された(盤を除く)およびの表記は全て Genghis Khan と書いてと読む名義となっている。 概要 では、にをつけたが出回った。 「()」もとして有名になったが、同じが同年に発表した曲である。 のである R l(・)と、(本職は分析の専門)である Bernd Mnuer(ベルント・マンガー)は、当時大中だったの By M(ー・M)に誘発され、「第二のー・M」を作ろうと構想を練っていた。 そこで彼らの曲である「 (怪僧ラチン)」を基に、「Dschinghis Khan()」をし、同名の6人・Dschinghis Khan()が結成された。 Dschinghis Khanは、における新人のといわれる g (ヴィ・・)に出場を決め、予選で第となり、本選出場を果たす。 本選に出場したDschinghis Khan()は、見事第4位という成績を収めた。 メンバー ・(Dschinghis Khan())、からの(i of Dschinghis Khan(・サン))、からの( The Of Genghis Khan(の遺産/))の三種類に分けられ、の数は10名(延べ16名)である。 再結成以降からの新は内ではあまり注されていないが、彼らも立なGenghis Khan()の正式である。 オリジナル・メンバー(Dschinghis Khan(ジンギス・カン)) 結成当時から在籍するで、それぞれが決まった色のを着ていたことから、その色で呼ばれることが多い(例:ヴォルフガングはと呼ばれる)。 ・のうち、だけは当初からになることが決まっており、除く5人はによって選抜された。 でもGenghis Khan()として活動している・は、ナ、ヘンリエッテ、ヴォルフガングの3人である。 は、はの再結成時に参加したもののにそれぞれ他界しており、リーは存命ではあるもののの都合により参加を見合わせている。 2005年からのメンバー(Rocking Son Of Dschinghis Khan(ロッキング・サン)) の再結成時に新たに加入しただが、にはして、それまでとして活動していたh()を迎えて、・サンを結成した。 この名はGenghis Khan()の「i of Dschinghis Khan(・サン)」が由来である。 en Trk(シュテ・)/在籍期間:~ の後継者であり、・サンではを務めている。 ru (エプル・ヤ)/在籍期間:~ 一のであり、はすべてが担当している。 2007年からのメンバー( The Legacy Of Genghis Khan(ジンギスカンの遺産/足跡)) 上記が・サンとしてしたのに伴い、新たに迎えられた。 「Genghis Khanの遺産」として、それぞれに配役が割り振られている。 中には不参加・の後を継ぐ者もおり、彼らにはを与えられて歌うことが多いなど、・に近い扱いとなっている。 s Kupt(ス・ート)/役名:Oegoed(オゴデイ)/在籍期間:~ のという設定で、の後継者。 t Vel(カトヤ・ボー)/役名:uya/在籍期間:~ ので女使いという設定。 本名不明/役名:n(ガン)/在籍期間:~ 女士という設定。 hobel(・スベル)/役名:/在籍期間:~ のという設定で、リーの後継者。 Mller(ターニャ・)/役名:Oa/在籍期間:~ お様という設定。 Ths ber(・グ)/役名:Y/在籍期間:~ という設定。 本名不明/役名:h(キャッシュ)/在籍期間:~ 危険なという設定で、の後継者。 主な配置 の結成当時から、の配置は大まか決まっている。 ・のみ記載。 色は項のそれと同じ。 なお、左側が下手、右側が上手である。 結成当時の配置。 以降もこの並びが踏襲される。 脱退後の配置。 リーとナの位置が入れ替わる。 再結成した際の配置。 他界したと、多忙で参加がわなかったリーがいない点を除けば、結成当時と同じ配置となった。 以降はこれに新がな位置に加わる形となる。 他界後の配置。 がヴォルフガングのみとなったためか、ヴォルフガングとヘンリエッテの位置が、彼が中央になる。 再度ヴォルフガングとヘンリエッテの位置が入れ替わる。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

めざせモスクワ 訳詞とドイツ語

ジンギスカン モスクワ

このジンギスカンは「Daddy Cool」や「Sunny」などのヒットで知られるディスコバンドに多大な影響を受けており、この曲でヨーロッパのアーティスト登竜門「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」に出場。 惜しくも4位という結果であったが大きな反響があり、リリースされたシングルはドイツで4週トップに輝き、ヨーロッパ各地で大ヒットしました。 日本でもディスコ中心に大きな反響があり、ポップフィールドでも数多くのカバーが制作されました。 ネットでも大人気だった「めざせモスクワ」 1980年のモスクワオリンピックをテーマにしたセカンドシングル「めざせモスクワ」も世界的なヒットとなりました。 こちらも様々なカバーが制作されたり、CMや応援歌に使われるなど、ポップシーンでも欠かすことのできない1曲です。 まだ動画配信が普及していなかった00年代前半にはFlashによるWEBアニメーションが流行していました。 いわゆるFlash黄金時代と呼ばれる頃ですが、ひとつの流行パターンに「空耳」があります。 オゾンの「Dragostea Din Tei(恋のマイアヒ)」など空耳ソングの人気は高く、同じく「もすかう」という名前で「めざせモスクワ」も多数のFlash動画を生み出しました。 個人的には「ハッチ大作戦」が記憶に残っています。 たしか、ひらけ!ポンキッキでもよく使われていたので、なんかジンギスカンといえばハッチ大作戦というイメージがあります。 ディスコイベントにアーリーアワーから行くとよく「ハッチ大作戦」がかかっていたりして、思い出深い1曲です。

次の