頭皮のかゆみ ストレス。 頭がかゆいのはストレスのせい?かかないで痒みを鎮めるには?

【重要】頭が痒い原因は病気とストレス!対処法とは?|抜け毛や薄毛、白髪や頭皮トラブルなど男性女性の髪の悩みを解決

頭皮のかゆみ ストレス

つらい頭皮のかゆみ、原因を知って今すぐ対策! 「かゆい!」でも、「かゆみ」って何? 「頭皮がかゆくて、ガマンできない・・・」 掻いても掻いても治らない強いかゆみは、意外とつらいもの。 そして、頭皮のかゆみがそれほど強くなくても、「気がつけば頭を掻いている・・・」できれば、人からそんな風に思われたくはないものです。 実は、「かゆみ」のメカニズムはまだ完全には解明されていません。 しかし、「脂肪細胞」から出る「ヒスタミン」が知覚神経に作用して「かゆみ」が脳に伝わると同時に痒みの刺激は皮膚末梢にも伝えられます。 この時に神経伝達物質の「神経ペプチド」が放出され、これが再び肥満細胞を刺激することでさらにヒスタミンが分泌されます。 「ちょっと掻いたら、どんどんかゆみが広がって、気がついたらあちこち掻いている。 」そんな現象に心当たりのある方も多いのではないでしょうか。 これは、かゆみが広がっていく「かゆみスパイラル」とでもいうべきこの現象によるものと考えられています。 皮膚の「新陳代謝=ターンオーバー」 そして、頭皮のかゆみと、他の部分のかゆみの症状とで違うのは「フケ」が出ること。 皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれています。 一番外側にある表皮は何層にも重なっていて、その一番内側にある「表皮細胞」と呼ばれる細胞によって、いわゆる「肌」が日々作られています。 表皮細胞は内側から外側に向かって積み重ねられ、1ヶ月ほどかかって一番外側の「角層」なった後、「垢」になって剥がれていきます。 これがいわゆる「新陳代謝=ターンオーバー」と呼ばれる現象です。 頭皮をかくと出るもの・・・それは「フケ!」 頭皮も他の皮膚と同じように、約1ヶ月ほどでターンオーバーし、頭皮の場合は「フケ」と呼ばれるものになって剥がれ落ちていきます。 しかし、頭皮環境の悪化、トラブル発生によりかゆみの症状がある場合、このターンオーバーが乱れてフケが多く出てしまうことがあります。 そしてかゆみがガマンできず、掻いているとさらにかゆみの症状が増してしまう「かゆみスパイラル」に陥ることにもつながります。 それに加えて、出てくるフケや、頭を掻きむしる姿は、あまり人にいい印象を与えません。 頭皮環境悪化の原因を知って、頭皮のかゆみ予防と対策に備えましょう。 頭皮環境の悪化について、詳しくはこちらの記事もお読みください。 「」 「」 頭皮のかゆみを引き起こす5つの原因 頭皮のかゆみには、様々な原因があります。 中には皮膚科など病院で治療すべき症状もあります。 ここでは頭皮のかゆみの原因になる主な例を5つあげてみましょう。 頭皮のかゆみの原因(1)皮脂が多い(脂漏性湿疹) 頭皮は体の皮膚の中で最も皮脂が多く分泌します。 髪の毛があるため見た目ではわかりにくいため、イメージしにくいかもしれませんが、数日頭を洗わないと頭皮の皮脂で髪の毛がべっとりしてしまうのはご存知でしょうか。 髪がべとつくほどの皮脂が頭皮を覆ってしまうと、毛穴が詰まったり雑菌が繁殖したり、かゆみや炎症(脂漏性湿疹)などのトラブルの元になります。 あまりにも症状がひどい場合は、皮膚科などで適切な治療をうけましょう。 頭皮のかゆみの原因(2)乾燥している(ひこう性湿疹) 頭皮に皮脂が多いとはいえ、皮脂の量は人それぞれ。 もともと皮脂の分泌量の少ない人も存在します。 皮脂はただ分泌するだけではなく、皮膚を守る働きもあります。 その皮脂が少なくなると、皮膚は乾燥してしまい、これが頭皮のかゆみの元になります。 また、乾燥した肌は表皮のターンオーバーを早めて、大量のフケを出します。 これが積み重なって雑菌が繁殖すると、炎症(ひこう性湿疹)を起こしてしまうことがあります。 皮脂は多すぎても少なすぎても頭皮に悪影響。 症状が治らず悪化している場合は、皮膚科など病院を受診しましょう。 頭皮のかゆみの原因(3)汗や蒸れ、汚れ 帽子やニットキャップ、ヘルメットなどを常時被っていると、頭が汗を掻いて蒸れてしまうことはありませんか?汗や皮脂が出た状態で放っておくと、雑菌などの汚れが溜まって炎症を起こす原因になります。 いわゆる汗疹と同じですが、頭皮の皮脂が加わり、臭いの元になることもあります。 特に汗をかきやすい夏季や、蒸し暑い職場では、頭皮の汚れに注意しましょう。 頭皮のかゆみの原因(4)紫外線 長時間強い日差しを浴びて日焼けをすると、しばらくしてかゆみの症状が出てきます。 日焼けしすぎると皮膚が真っ赤になって水ぶくれができて皮膚が剥がれたりするのも、日焼けによる火傷のの一つです。 そこまでの日焼けでなくても、強い日差しを浴び続けていると頭皮も皮脂の酸化による毛根の萎縮や、髪の毛の隙間をぬって降り注ぐ紫外線によってダメージを受けてしまいます。 ケアをせずにほおっておくと、日焼けによる炎症やかゆみ、皮膚が乾燥することによって、過剰なターンオーバーを起こす原因にもなり、注意が必要です。 重度の日焼けは自己判断をせず、皮膚科など病院を受診してみるのもおすすめです。 (参照) 頭皮のかゆみの原因(5)皮膚疾患(アトピー・乾癬など) 皮膚が乾燥し、バリア機能が弱くなって刺激を受けやすくなってしまう「アトピー性皮膚炎」。 濃い赤い班が出て、その上に白いかさぶたのようなものができる「乾癬」なども、頭皮にかゆみを伴う疾患の一つです。 これらの皮膚疾患の原因はまだ解明できておらず、皮膚科の治療で完治させることは難しいと言われています。 頭皮のかゆみの原因(6)ストレス ストレスによる自律神経の乱れは、過剰な皮脂分泌や血行不良など様々な症状を起こし、頭皮のかゆみの元になることがあります。 かゆみが起きると、それだけでストレスが増してしまいます。 できればストレスによるかゆみが出る前に、ストレス自体をどうにかしたいものですよね。 頭皮のかゆみを放置すると「湿疹(炎症)」を起こすことも 前述のかゆみの原因は、放っておくとやがて悪化して「湿疹(炎症)」を起こすこともあります。 アトピー性皮膚炎や乾癬、そのほかの様々な原因による湿疹は、悪化させる前に適切な治療が求められる皮膚疾患です。 「皮脂が多い」「乾燥している」「汗や汚れ」「日焼け」なども、初期症状のうち、あるいは症状が出る前に予防や対策を講じておいたほうが良いものです。 溜まった皮脂に常在菌が繁殖して起こる「脂漏性湿疹」や、過剰に出たフケに常在菌が繁殖して起こる「ひこう性湿疹」も、その良い例でしょう。 頭皮のかゆみは、掻いてしまうことで皮膚が刺激を受け、さらにかゆみが増します。 掻き壊した所に雑菌が入って炎症を起こすと、処置は「かゆみ対策」ではなく「炎症対策」になります。 当然、頭皮のかゆみよりも炎症の方が治癒にも時間がかかります。 頭皮のかゆみに気が付いたら、まず日頃のケアに気をつけ、悪化させないように心掛けましょう。 【頭皮のかゆみ対策】この原因にはこの対策! 頭皮のかゆみの原因としてまず挙げられる「脂漏性湿疹」と「ひこう性湿疹」。 もともと皮脂分泌が多い「オイリー肌」や逆に少ない「乾燥肌」など、体質によるものも考えられますが、適切な対策によって回避することもできます。 ここでは、それぞれの頭皮のかゆみ対策について詳しくご紹介します。 脂漏性湿疹は、もともと皮脂が多いタイプに多く、頭皮の中でも皮脂の多い頭頂部からかゆみ、フケが出ます。 シャンプーは洗浄力のある物を選び、毎日きちんとシャンプーをしましょう。 できればシャワーだけではなく、お風呂にも入りたいもの。 ゆっくりと湯船に浸かることで毛穴が開いて汗と一緒に毛穴の汚れを落とすこともできます。 シャンプーで皮脂を落とし、その後に使うコンディショナーやトリートメントのすすぎもしっかりと行いましょう。 普通は1日1回のシャンプーで充分です。 皮脂が多くても、洗いすぎると乾燥から皮膚を守るために余計に皮脂が出る場合があります。 毎日きちんとお風呂に入り、シャンプーで皮脂と毛穴の汚れと一緒に1日の疲れやストレスも流してしまいましょう。 頭皮のかゆみ対策(2)「ひこう性湿疹」によるかゆみを防ぐなら ひこう性湿疹は、皮脂が少なく乾燥してしまうことでおきます。 皮脂が少ないために肌のバリアができず、刺激に弱くかゆみを感じやすくなり、かきむしってしまったり、剥がれ落ちたフケが溜まって雑菌が繁殖することが原因です。 もともと肌が弱い人や乾燥の強い人、老人性の乾燥肌の人などが洗浄力の強いシャンプーを使ったり、洗いすぎが続くことでひこう性湿疹を発症することもあります。 その場合は、低刺激のシャンプーを選んだり、保湿成分の配合されたシャンプー、トリートメントなどを選ぶようにしましょう。 頭皮をかゆみから守りたい。 デイリーに使える頭皮ケアは? 頭皮ケア(1)シャンプー他ヘアケア、スタイリング剤を見直す 先の項にもありますが、肌質に合ったシャンプー選びは頭皮のかゆみ対策の基本です。 自分の肌質に合ったものを選んで、適切なケアをしていきましょう。 また、頭皮にかゆみや痛みがある時は、シャンプー以外のヘアケア製品、スタイリング剤なども低刺激なものがおすすめです。 なるべく香りの強いものを避け、ナチュラルなスタイリングに切り替えてみるのも良いかもしれません。 頭皮ケア(2)外的な刺激を避ける(汗、汚れ、日焼けなど) ニットキャップ、帽子、ヘルメットを長時間被っていると汗をかいたり蒸れたりと、かゆみの原因にもなり、頭皮にはあまりいいものではありません。 日焼け防止のための帽子なども同様です。 乾燥、かゆみの元になる日焼け自体はあまりしたくないものですが、必要に応じて適度に通気を心がけるようにしましょう。 汗をかいたらマメにふき取るようにし、汗をかいていなくても1日の汚れを落とすシャンプーはしっかりとしましょう。 頭皮ケア(3)食生活を見直す 脂っこいものや、刺激の強いもの。 ビタミンミネラルの欠けたバランスのよくない食生活は、そのままお肌と頭皮に影響します。 不摂生な生活や過剰なダイエットなどで食生活が乱れている方は、お肌、頭皮のターンオーバーを促すタンパク質、ビタミンミネラルを多く摂るよう心がけましょう。 頭皮ケア(4)生活全般を見直し、ストレスを回避する 頭皮もお肌の一部。 肌ケアのための生活習慣は、頭皮ケアの習慣でもあります。 適度な飲酒、美味しい食事も一時的なストレス解消にはなりますが、度をすぎると、体調不良の原因にもなり得ます。 このところ、生活習慣が乱れていたという人は、食事・睡眠・運動をほどよくとり、できればストレスは減らして快適に過ごせるように工夫をしましょう。 それでも「頭皮がかゆい!」と思ったら、病院へ! 「たかが頭皮のかゆみ」と侮るなかれ。 頭皮のかゆみ対策としてヘアケアを見直し、生活を変えても治らないかゆみは、違う疾患が隠れている場合もあります。 どうしても頭皮のかゆみが治らなければ、皮膚科や頭皮専門の医療機関を受診しましょう。 治療の必要な皮膚疾患の他、長期間使っているヘアケア用品が合っていないことで起きるアレルギーもその一例です。 これらの疾患は医療の専門知識や診察経験のある医師、医療機関でないと処置できないことは多くあります。 自分でわからない、治せないかゆみは自己判断せずに、早めに皮膚科などを受診して適切な処置、指導を受けるようにしましょう。 <まとめ>頭皮のかゆみの原因と対策 頭皮のかゆみ。 掻けば収まりそうな身近な症状ではありますが、放置していると、かゆみの先に皮膚炎や脱毛などを引き起こす場合もあります。 健康維持も、健康な頭皮や髪の毛の維持も、毎日の心がけと適切な処置から。 日頃の生活を見直し、シャンプーやヘアケアを見直し、それでも頭皮のかゆみが治らなければ、皮膚科などの医療機関で診てもらうようにしましょう。 Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)のコラムには、他にも、などをまとめた記事があります。

次の

頭皮のかゆみの原因完全版!かゆみの正しい対策や改善方法もご紹介します

頭皮のかゆみ ストレス

頭がかゆいのはストレスのせい? あまりに痒くて掻きむしってしまい、それがカサブタになっていたりすると、またそこが気になってわざわざそれを剥がしてしまったり・・・なんていうことをしていませんか? 頭が痒いと感じるのには、何か原因があるはずですが、清潔にしていてシラミなどもいない、原因に心当たりがない場合はやはりストレスが原因かな?と考えてもおかしくありません。 確かに ストレスでかゆみが体に出ることはあるんです。 筆者も、ストレスを感じるとすぐに蕁麻疹でかゆくなる体質で、イライラしているとき、疲れているときなどいつのまにか背中を掻いていたりします。 だから同じように、ストレスを感じている人が頭が痒くなるというのもありますし、私も自身も時々あります。 ただ、体に痒みが出てくるのには、内科的疾患や精神的疾患など、考えられる原因がそれこそたくさんあり、ストレスだと断定はしないほうがいいでしょう。 またシャンプーやコンディショナーをよく洗い流していないことから皮膚が炎症を起こして痒くなっているだけなのかも知れません。 ストレスでも確かに痒くなりますが、それ以外の可能性も否定できないということですよね。 いま、痒いところを掻き壊してカサブタができていたり、何かリンパ液のようなものがぐじぐじしていたり、頭皮が傷ついている状態でしたら、まずはその治療で皮膚科を受診してみてはどうでしょうか。 原因がわからないのに下手に家にあるクリームを塗って悪化させるのもこわいですし、お医者さんに痒みの経緯などを相談して、早めに原因をつきとめるほうがいいと思います。 それとは別に、 かゆみそのものがストレスの原因になることもお気づきでしょうか。 先に書いたように、私はストレスを感じると体がかゆくなるのですが、かゆくなった皮膚を掻くことによって痒みが増して、それがさらにストレスになるという悪循環に陥ることがあります。 掻いたところから血がにじみ出てくるようなことになっているのでしたら、そのこと自体がストレスになっている可能性があります。 痒いときって気持ちも集中できませんし、日常生活に支障が出る場合もあります。 無意識に頭を掻きつづけて頭皮にダメージを与え、それがもとで脱毛症につながっても大変ですし、 あまり我慢せずに、近いうちに皮膚科をたずねみることをおすすめします。 スポンサードリンク 頭皮のかゆみの原因がストレス以外だったら? 皮膚科に行けば何かしら分かるとは思いますが、万が一何か皮膚の病気だったら・・・・と考えるとちょっと不安ですよね。 私は以前、肌に会わない白髪染めで頭皮がかぶれました。 ヘアカラーに一般的に使われているジアミンという成分に対するアレルギーが発症し、 頭皮にぼこぼこと出来物ができて、それはそれは痛くて痒くて、悲惨な思いをしました。 またシャンプーによっては洗浄力が強いために頭皮に必要な皮脂や水分まで取り去ってしまい、頭皮が乾燥するという人も結構いらっしゃるようです。 痒みの原因が分かるまで、シャンプーやコンディショナーを敏感肌用のものに変えるなどでちょっと様子をみてみてもいいかも知れませんよね。 特に地肌に傷がついているのですから、シャンプーの刺激で痒くなっているのかも知れませんよ。 また、爪でがりがり引っかいたことによって、傷口に菌が入り込んでいることも考えられます。 その他にも、頭皮の痒みの原因は様々で、例えば乾癬、シラミ、水虫、アトピーなど薬での治療が必要な病気の可能性だってあります。 やはり痒みが続いて心配な場合は、ぜひ皮膚科にかかるということが一番の対策でしょう。

次の

頭がかゆいのはストレスじゃなかった?!真相を解説します!!

頭皮のかゆみ ストレス

頭皮の雑菌がかゆみを引き起こす 頭皮のかゆみの原因として考えられるのは、「 頭皮に雑菌が繁殖して炎症を起こし、その部分が痒くなる」というものです。 基本的には、この理由が一番多いのですが、 頭皮のかゆみが発生する 原因は色々あります。 頭皮も皮膚の一部なので、合わないシャンプーやトリートメントを使うと炎症を起こす事があります。 頭皮のかゆみを引き起こす病気の種類 まずは、頭皮のかゆみの原因となる病気についてご紹介します。 頭皮の病気には様々な種類があります。 普段は髪に覆われているため見た目では気付きにくく、すぐに頭皮の不調を見分けることは難しいです。 そのため悪化してから病院へ行く方も少なくありません。 死に至る病気ではなくても頭皮が不調になる事によって 頭皮のかゆみ、フケなど様々な症状が引き起こされます。 ぜひこれを機会に今の頭皮の状態をチェックしてみましょう。 脂漏性皮膚炎 脂漏性皮膚炎は、頭皮の病気と言えば必ずあがる有名な皮膚炎です。 フケの付いた湿疹ができ頭皮のかゆみなども引き起こします。 皮脂分泌の多い部分に生じやすいのが特徴です。 男性の方がかかりやすく、皮膚が弱い方(敏感肌)や頭皮が赤みを帯びている方、フケが多い方や頭皮にかゆみを感じている方は、しっかりと頭皮ケアするようにしましょう。 50代、60代と年を重ねてからの脂漏性皮膚炎は自然治癒が難しく、病院での治療が必要となります。 予防方法 脂漏性皮膚炎を予防するには、 食生活を見直し、ビタミンBやCを多めに摂取するよう心がける事が重要です。 トンカツやからあげなどの油物は頭皮の皮脂分泌量を増やし、脂漏性皮膚炎の原因となるカビをドンドン増やしてしまいます。 野菜中心のヘルシーでバランスの良い食生活に変えれば頭皮も健康になり、他の頭皮の病気の予防にもなります。 接触性皮膚炎 接触性皮膚炎は、文字通り頭皮に「接触」することによって発症する皮膚炎です。 アレルギー性接触皮膚炎と 一次的な刺激性接触皮膚炎の2種類があります。 アレルギー性接触皮膚炎は通常のアレルギー反応と同じく、原因物質(アレルゲン)の接触により頭皮に湿疹やかゆみ、腫れなどの症状を引き起こします。 最悪の場合は、アナフィキラシーショックを起こす可能性もあるのです。 一次的な刺激性接触皮膚炎は、石鹸や洗剤など刺激物が接触する事により発症します。 刺激の強さにより症状が軽かったり、重くなったりしますが、アレルギー反応とは異なります。 予防方法 一番の予防方法は2種類とも炎症や反応の原因となる物質に触らない(近づかない)事です。 初めての場合は仕方ありませんが、一度触れて炎症を起こす事が分かった場合は決して、原因物質に近づかないようにしましょう。 また、頭皮を清潔に保つ事も大事です。 汗をこまめにふく、しっかりとシャンプーする、頭皮マッサージを心がけるなどの習慣をつけるようにしてください。 頭皮の病気は他にも• 特発性禿頭症• 頭部白癬• 尋常性乾癬• 円形脱毛症 などがあります。 どの病気もそうですが、頭皮を健康に清潔に保つ事が頭皮の病気を遠ざける第一歩になります。 頭皮を清潔に保って頭皮トラブルを防ぎましょう。 頭皮のかゆみの原因 乾燥 病気以外で、頭皮のかゆみの原因として多いのが、頭皮の「 乾燥」です。 頭皮の乾燥は、シャンプーのしすぎによる皮脂の取り過ぎや、エアコン、乾いた風に当たる事など様々なことが原因で引き起こされます。 頭皮はこれらの様々な環境の影響で、お顔よりも先に乾燥してしまいます。 頭皮が乾燥したらお顔と同じで 保湿するのが一番です。 頭皮の乾燥が原因で炎症が起きると様々な症状が出てきます。 カサブタや痛み シャンプーのしすぎによる皮脂の取り過ぎや、エアコン、乾いた風に当たる事による 「頭皮の乾燥」が痒みを引き起こしていると言われています。 頭皮の皮脂量はTゾーンの2倍ある? 身体の中で特に皮脂量が多いのはどこだと思いますか?多くの人がすぐに思いつくのは、顔の真ん中にあるTゾーンだと思います。 実は身体の中で最も皮脂分泌が多い場所は頭皮なのです。 世間で多いと思われている Tゾーンの皮脂量の約2倍もの皮脂量が、頭皮にはあるのです! 多くの皮脂は頭皮にそのままとどまってしまうので、皮脂が長い間頭皮に触れていることになります。 長くとどまった皮脂は変質しやすく、体温で温められている上に 酸化しやすいので頭皮のトラブルの原因になってしまうのです。 皮脂量が多くても乾燥してしまう原因とは このように身体の中で最も皮脂量の多い頭皮ですが、 皮脂が多くても乾燥しやすいと言われています。 頭皮のうるおいが足りなくなって乾燥してしまうのですが、どうしてでしょうか。 皮脂が長くとどまって変質してしまうと頭皮に悪い刺激を与えてしまって、頭皮の健康を損ねてしまうのです。 そうなると、新陳代謝が悪くなり 頭皮のバリア機能が著しく低下します。 それが原因で、 頭皮の大切な水分が逃げやすくなります。 このような理由で皮脂量が多いのに乾燥してしまうので、フケやかゆみといった症状が起きてしまうということなのです。 頭皮の潤いはなぜ大切なのか? 「 潤っている頭皮」と「 乾燥している頭皮」は、何が違うのでしょうか。 頭皮の表面は、 0. 02mmという薄さの角質層でできています。 この 角質層が健康だと20%が水分として含まれており、外からの刺激を水分がカバーしてくれています。 しかし、 水分量が10%を下回ると刺激を受けやすくなり、頭皮トラブルの原因になります。 潤い不足による頭皮トラブルにはかゆみやフケが挙げられます。 頭皮は潤っていないとはがれやすくなってしまうからです。 そのうえ、乾燥しているとかゆくなって、ついつい手で頭皮をかいてしまいますので、 頭皮がはがれ落ちて、フケとなるという悪循環になってしまいます。 頭皮が乾燥する原因 洗浄力の強いシャンプーを使う 洗浄力が強いシャンプーを使い続けることはあまりおすすめできません。 若い頃には合っていたシャンプーでも、年齢と共に皮脂量が減ってきて、知らず知らずのうちに頭皮が脱脂されすぎて乾燥してしまうこともあるからです。 こんな場合は、保湿を一番に考えるのではなく、洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーなどに切り替えるのが先決です。 頭皮が乾燥する原因 季節による影響 頭皮の乾燥に関わる最も大きな影響として季節が挙げられます。 夏場より気温と湿度が低くなる冬場には、頭皮は乾燥しやすい傾向にあります。 たとえ夏場であっても、エアコンによって室温と湿度が下がっている環境に長時間いることで、頭皮は乾燥してしまいます。 この乾燥がかゆみをまねきます。 頭皮のかゆみの原因 頭皮の傷 頭皮に雑菌がつく理由として「 頭皮が傷つく」事が考えられます。 頭皮というのは皮膚の中でも弱い部分になりますので、簡単に傷つきます。 傷ついても血が流れてくるというようなことはほとんど無く、 知らないうちに傷つき、炎症が起こりかゆみを招くことになります。 頭皮のかゆみの原因 誤ったシャンプーの方法 頭皮が傷つく最も多い原因は「 洗髪」にあります。 もちろん、洗髪をしないと頭皮に皮脂が溜まっていきますので、この皮脂が雑菌にとっては格好の餌食となってしまい、雑菌が大繁殖する原因となります。 しかし、洗髪をきちんとやっているつもりでも、 洗髪方法を間違えていると、結局かゆみを発生させる原因となってしまうので注意が必要です。 間違った洗髪方法としてはいくつか考えられますが、主に以下の4項目が挙げられます。 ちょっと熱めのお湯で髪を濡らしてから洗髪をする• シャンプーを手にとって、直接頭皮に塗ってから泡立てる• 洗髪時に爪を立ててゴシゴシと洗う• キチンとシャンプーを洗い流していない これらの項目の どれか1つにでも当てはまった方は洗髪の方法を間違えています。 誤ったシャンプーの方法1 熱いお湯で洗髪 髪を濡らす時と洗い流す時に、 熱めのお湯を使った方が綺麗になるように思うかもしれません。 確かに熱いお湯の方が髪は濡れやすいですし、シャンプーも洗い流しやすいのですが、 40度を超えるような温度の場合は、頭皮が軽い火傷のような状態になってしまい、 かゆみを引き起こす炎症の原因となります。 皮脂を溶かす ベストな温度は38度といわれていますので、40度を超えるお湯は熱すぎると覚えておきましょう。 誤ったシャンプーの方法2 原液を直接頭皮に塗る シャンプーの原液を直接頭皮に塗ってしまうと、原液が頭皮の毛穴の奥にまで入り込んでしまうため、お湯で洗い流しても綺麗に流せなくなってしまいます。 そして、シャンプーの中に含まれる刺激物のせいで頭皮が荒れてしまい、炎症を起こして雑菌を呼び寄せかゆみを引き起こします。 シャンプーを付ける時は、まず手に取ってからよく泡立て、それから髪につけるようにしましょう。 誤ったシャンプーの方法3 爪を立てる 洗髪時ですが、かゆみがあるとどうしても爪を立てて洗ってしまいがちで、ゴシゴシ洗うことで、頭皮も綺麗になっているような気がします。 しかし、 爪と頭皮を比べると遥かに爪の方が固いので、そのようなもので頭皮を掻くとそれだけで頭皮を傷つけてしまいます。 そのため、洗髪時には指の腹で頭皮を 揉みこむように洗うのが良いでしょう。 そうすると、頭皮を傷つけることも無く余分な皮脂を浮かび上がらせることができるので、洗髪にはこれで十分です。 誤ったシャンプーの方法4 すすぎが不十分 当然ですが洗髪後には綺麗に洗い流すようにしてください。 シャンプーが頭皮に残っていると、それだけで炎症を引き起こす原因となってしまいます。 お湯で洗い流す時間は、すすぎ残しがないよう 3分を目安にすると良いでしょう。 間違ったシャンプーのやり方は、 かゆみを引き起こすだけではなく様々な 頭皮トラブルの原因となるので特に注意が必要です。 頭皮のかゆみの原因 スタイリング剤 頭皮のかゆみの原因は普段使っている スタイリング剤にもあります。 使っている間はかゆくならなくても、スタイリングをしてシャンプーした後はかゆくなる、という方は 「スタイリング剤の汚れ残り」が原因である可能性が高いです。 ワックスなどのスタイリング剤は、地肌までしっかり洗わないと汚れを落とすことができません。 スタイリング剤の汚れが頭皮に残ってしまうと毛穴や小さなキズに入り込み、かゆみなどの炎症を起こしてしまいます。 耳の裏など、普段そこまで意識して洗わない部分もしっかりとシャンプーするようにしましょう。 頭皮のかゆみの原因 ストレス 寝不足や疲労、食生活の乱れなどによって身体に ストレスがかかると、頭皮がかゆくなる事があります。 ホルモンバランスが崩れるとニキビができやすくなるように、ストレスを感じると頭皮の環境も悪くなってしまうのです。 ストレスが溜まると無意識に頭を掻いてしまう事がありますが、これも頭皮の痒みの原因になるので注意しましょう。 頭皮のかゆみ対策 乾燥対策 それぞれの原因に応じて、対処する必要がありますが、基本的にはシャンプー剤の選び方、シャンプーの方法によって、かなり改善することができます。 頭皮の皮脂量を気にして 洗浄力の強いシャンプーで毎日洗い続けている人もいるかもしれませんが、これはあまりいいことではありません。 これでは頭皮の乾燥をひどくしてしまいます。 逆に乾燥しているからと皮脂を補おうとして間違ったケアをしてしまうとますます皮脂が過剰になり、頭皮の常在菌が増えて臭いやかゆみ、さらにフケが増えてしまう 悪循環におちいってしまいます。 そうならないために、毎日のシャンプーは洗浄力のみで選ぶのではなく、 頭皮や髪に優しい穏やかなシャンプーを選ぶとよいでしょう。 健康な頭皮は弱酸性をしているので、頭皮や髪のためにも弱酸性のシャンプーがおススメです。 皮脂量を気にして洗いすぎずに、丁寧に優しく穏やかなケアをして頭皮を清潔に、そして健康な頭皮を保って美しい髪を育てましょう。 また、 頭皮の保湿に気を配っていますか。 頭皮も肌の一部なので、潤っていなければ健康だとは言えません。 頭皮に潤いを与えるには以下の2つの方法があります。 ドライヤーの使い方の見直し• ローションを使って保湿対策 ドライヤーの使い方の見直し ドライヤーは頭皮を直接、乾燥させてしまう危険性があります。 だからといって、ドライヤーを当てないことは頭皮だけでなく、髪の毛にとってもマイナスの方が大きいです。 頭皮に潤いが残る、上手な当て方をマスターしましょう。 まずは、タオルでしっかり水分を取ります。 少しでも、ドライヤーを当てる時間を減らすためです。 ドライヤーを当てるときは、頭皮から30cmは離して温風を送りましょう。 熱いと感じない距離が、乾燥を防止する為に適切な距離です。 毎日のドライヤーの方法を意識するだけで、頭皮に潤いが戻ってきます。 まだ乾燥が気になるなら、専用のオイルなどを使って頭皮マッサージをしたあとにシャンプーをすると、より潤いが期待できますよ。 関連記事 ローションを使って保湿対策 頭皮が乾燥しているという時には、 ローションを使ってヘアケアしましょう。 ローションには、保湿成分だけでなく、炎症を抑えたり細菌の繁殖を予防するような成分が入っています。 ローションを使うことで、乾燥や炎症がおさまってきますので、頭皮本来のバリア機能が上がり、潤いと弾力のある状態を取り戻すことができるのです。 一番良いタイミングは、お風呂上がりです。 清潔な頭皮にローションを使うと、ローションの成分がじっくりと浸透します。 タオルドライした半乾きの頭皮にローションを使いましょう。 商品によって スプレータイプや 液状タイプがありますが、液状タイプのほうが頭皮にしっかりと届きやすいです。 いずれのタイプであっても、 頭皮をマッサージしながら血流を高めるのがポイントです。 マッサージするときは、ガリガリと爪を立てずに指の腹で頭皮を押すようにしましょう。 朝の乾いた髪にも使えるローションも多いので、選ぶ時の目安にして下さい。 また、使い心地がサラッとしていて、べたつきが少なく、匂いも少ないローションを選ぶと良いです。 ローションで頭皮を保湿することで、 毛母細胞も活性化しますので、結果として健康で美しい髪を生み出すことができます。 ぜひ、お顔だけでなく頭皮も保湿してあげて下さい。 頭皮のかゆみ対策 効果的なシャンプー方法 シャンプーは、1日1回にしましょう。 ただし洗い過ぎは、水分を保持するために大事な組織である角質層を傷つけてしまう恐れがあるので、要注意です。 頭皮湿疹などに効果的なシャンプー方法は、まず、 シャンプー前にブラッシングをして、髪の毛についた埃や汚れを取ること。 ただしこの時に、地肌に刺激を与えないように、髪の毛をブラッシングするように気をつけましょう。 シャンプー剤をつける前に、 お湯だけで予備洗いをして、髪の毛の汚れを落とします。 このときのお湯の温度にも気をつけてください。 熱いと角質層をはがしてしまいます。 シャンプー剤は、直接髪の毛や頭皮につけず、手に取って、泡立ててから使います。 頭皮湿疹ができている場合、頭皮の新陳代謝が活発におこなわれていず、頭皮が硬くなっていることが多いので、手のヒラや、指の腹を使って、首筋から頭頂に向かって、マッサージをするようにし、頭皮の血行を促すことも効果的です。 爪を立てるのは厳禁です。 そして最も大事なのは すすぎです。 シャンプー剤が頭皮に残っていると、それも頭皮のかゆみの原因になってしまいますので、十分にすすぎをしましょう。 シャンプー後は、雑菌を繁殖させない為、すぐに髪の毛を乾かすことも、頭皮湿疹の改善に役立ちます。 関連記事 頭皮のかゆみ対策 シャンプー選び 頭皮かゆみの原因の一つである 毛穴のつまりは、皮脂汚れによるものですが、今の時代にシャンプーをする回数が極端に少なく、頭皮や髪の毛を不潔な状態にしたために、 頭皮湿疹によるかゆみが起こるということはほとんど考えられません。 それよりも、 シャンプー剤の選び方に問題があることの方が多いのです。 洗浄力の強すぎるシャンプー剤を使用することによって、 頭皮から皮脂が取り除かれ過ぎてしまい、乾燥してしまって頭皮湿疹になることもありますし、 皮脂が取り除かれ過ぎた状態を回復する為に、頭皮の皮脂の分泌量が増えて頭皮湿疹になることもあります。 そして、もう一つは、シャンプー剤に含まれる化学的な成分によって、頭皮がダメージを受けて、頭皮湿疹をおこすということもあります。 以下の代表的な成分は、浸透力が強く、頭皮湿疹の原因となる成分が頭皮に浸み込み、頭皮に負担をかけてしまうので注意してください。 合成界面活性剤• 人工的な香料• 着色料• 保存料 頭皮湿疹の改善には、上記のような問題を避けられる オーガニックのシャンプー、 石鹸から作られたシャンプーなど、 自然素材を原料にした製品が効果的です。 自然素材のシャンプーを探す際に大切なことは、 天然由来、 植物性エキスなどの、購入者に自然素材の製品であるというイメージを与える為につけられているキャッチコピーを鵜呑みにせず、しっかりと 成分表示を確認することです。 日本国内では、オーガニック、植物性、天然由来などという言葉に対する厳しい基準が設けられていません。 その為、少しでも植物性の原料が使われていれば、植物性、天然由来といった言葉をつけることができてしまうのです。 また、オーガニック製品に関しても、イギリス、ドイツ、フランス、アメリカなどの海外の国々では、非常に厳しい基準があり、その基準を満たした製品以外は、オーガニック製品として認定されないのですが、日本国内では、統一された基準がまだありません。 頭皮湿疹の改善の為には、成分表示をしっかり確認し、石油由来の化学的な成分が含まれていないものを選ぶようにしましょう。 関連記事 頭皮のかゆみ対策 ヘアケア ヘアケアで 頭皮のかゆみを対策するにはまず、自分の頭皮に合ったヘアケア剤を使う事が大前提です。 なるべく頭皮への刺激が少ない成分を使用したヘアケア剤を選び、スタイリング剤はできるだけ使用しないようにしましょう。 シャンプーで頭皮の汚れをきちんと落とし、トリートメント剤で頭皮の乾燥を防ぐだけでもかゆみを抑える事は可能です。 乾燥以外にも頭皮のかゆみを引き起こす原因は色々あります。 日頃のヘアケアや工夫でしっかりと対策するようにしましょう。 頭皮のかゆみ対策 ヘッドスパ ヘッドスパは頭皮のかゆみに非常に効果的です。 まず、毎日シャンプーしていても、スタイリング剤の洗い残しや、シャンプー剤のすすぎ残しというのは、どうしても出てきてしまうものです。 ヘッドスパは、自分では落としきれない毛穴の汚れをしっかりと除去してくれるので、 汚れによる雑菌の繁殖を予防できます。 また、ヘッドスパには色々な種類があり、保湿効果のあるヘッドスパもたくさんありますので、頭皮が保湿されることでバリア機能が向上し、頭皮の乾燥によるかゆみを防いでくれます。 最後に、プロの手によってツボをしっかりマッサージしてくれるので、リラクゼーション効果が非常に高いです。 ストレスによるホルモンバランスの乱れは、頭皮のかゆみの原因にもなりますので、しっかりと 心を癒す事は非常に大切です。 これ以外にもヘッドスパはたくさんの効果をもたらしてくれるので、頭皮のかゆみで悩んでいる方は是非一度お試しください! 頭皮のかゆみ対策 かゆみを抑える薬 頭皮のかゆみが収まらない場合は、薬で治しましょう シャンプーや育毛剤を変更しても、痒みや痛みが治まらないという方は治療薬を使用した方が良いでしょう。 頭皮の炎症を抑えるには、消炎作用のあるものを使用すると効果的です。 消炎作用があるものは髪の炎症の原因となっている雑菌の繁殖を防ぎます。 成分 具体的にはイソプロピルメチルフェノールと呼ばれる成分が配合されていると、消炎効果があります。 他にもかゆみを抑えてくれる成分として.

次の