あなた の 番 です 反撃 編 ネタバレ。 あなたの番です反撃編13話の感想やネタバレ紹介!桜木るり犯人説浮上!|ライトのよかよかビデオウェブ

ドラマ『あなたの番です(反撃編)』11話のあらすじ・ネタバレを見てみよう!

あなた の 番 です 反撃 編 ネタバレ

あなたの番です反撃編 最終回 20話 あらすじ・ネタバレ! 最終回 20話 あらすじ 二階堂(横浜流星)に締め落とされた翔太(田中圭)は、目を覚ます。 翔太の両手足は拘束され、腕に点滴の針が刺さっていた。 翔太の隣には、同じように拘束されて腕に点滴の針が刺さった状態の黒島(西野七瀬)がいた。 2人につなげられた点滴の袋の中身は、塩化カリウムだった・・・!「私たち、殺されるんですか?」と不安そうな黒島と、混乱するばかりの翔太。 西村は木下に、床島が遺した管理人日誌を見せる。 引用:あなたの番です 公式 HP 最終回 20話 見どころ・期待どころ 思わぬ二階堂の攻撃に驚いています。 まさかの二階堂の裏切りは、どう思っても信じられないです。 そして、疑惑の塊であった黒島までもが拘束状態になるとは、予想外の展開に驚くばかりです。 しかし、これは二階堂が、犯人である黒島を庇うための作戦ではないかと予想します。 黒島を、翔太と同様に拘束状態にして、黒島は無実であるという方向に持っていこうという、二階堂の必死の案ではないかと思うのです。 黒島が、やはり犯人だと思います。 黒島のことが好きになり、何とか助けたいと考えた二階堂の苦肉の策なのではないかと考えています。 あとから引っ越してきた二階堂が、連続殺人に関わっているとは、どう考えても不自然なのです。 黒島の腕に、薬物の点滴が差し込んであるのも、偽物でしょう。 翔太の方は、本物で、殺される危機が訪れます。 黒島と二階堂が手を組んでいるのかもしれません。 尾野さんと二階堂くんが共犯なのではないかと予想しています。 まず尾野さんが19話で好きになった人の恋人に勝った時に記念品を貰うと言っていたのに違和感があり、菜奈ちゃんは確かに死んでしまったが翔太くんが自分に心は向いていないし、勝っている要素は一つもなく、変だなと思ったのがきっかけでした。 普段だったら翔太くんも二階堂くんもそのことに気づきそうな気がしたので二階堂くんは何か隠している可能性があるなと思いました。 一から色々考えても二階堂くんが犯人である可能性は低いものの、最後にホテルで翔太くんを襲ったこともあり2人が犯人ではないかと予想しています。 警察の方でも、何重に重なった音声の解析が進み、その音声を聞いた刑事さんの驚いた顔が印象的で声だけで誰か分かってしまうくらいなので、刑事さんの知っている人なのかなと思っています。 黒島は怪しさを出しているが、二階堂が何年も前から追っていて、恋愛をするたびに恋人が殺されてしまうのは、二階堂が攻撃をしていたからなのではないかと思いました。 黒島を犯人と見せかけているが、黒島を狙うために全てを動かし、AIで操作し、利用できる人物や簡単に動かせる人物をうまく利用し手に入れる為の手段なのではないかと。 恋愛をうまくこなせない理由が殺人に繋がっているだけで、二階堂は悪いとは思っておらず周りも見えない為、黒島のことだけを愛しているため行われている殺人が今回のナナの殺人につながってしまったのではないかと思いました。 二階堂も桜木と同様、愛している人を救うため、愛している人のためならなんでもするという理由。 ドラマが始まった時、管理人の語りの中で、殺人犯のほとんどは知り合いを殺しているというような発言があったので、最後ななと二階堂にも繋がりがあるのではないかと思いました。 翔太と二階堂が部屋で犯人を待ち受けていると、尾野がやって来て、二階堂は翔太に襲いかかるのだった。 翔太が目を覚ますと、隣のベッドには黒島が横たわっていて、二人は塩化カリウムの点滴に繋がれていた。 二階堂は、あの時と同じだと言い、「僕が殺したんです、菜奈さんを」と言い出した。 翔太はぞうさんを選び、二階堂が点滴を始めようとすると、翔太が「お前か」と叫んで点滴台を黒島に投げた。 黒島は見事な動きで台を避け、ついに本性を見せた。 AIが何度やっても黒島が犯人だと出て、悩んだ二階堂は、黒島に真実を話してほしいと迫り、事前に黒島から本当のことを聞いていたのだった。 水城は、田宮の取り調べで、犯人が黒島だと明かし、知っていることを話すように言った。 黒島は、波止を自分で殺せなかったのは残念だったが、自分の番が来たと思い、赤池美里を殺したことと話し始めた。 二階堂は、黒島にはそれなりの理由があると言い、怒り黒島は、寿命で死ぬか殺されるまで止められないのだと言い、二階堂に最後に点滴を流して殺してほしいと頼んだ。 二階堂は泣きながら無理だと言い、翔太は黒島への愛で二階堂が変わったことを訴えたが、黒島は笑い飛ばして翔太に蹴りを入れた。 その頃木下は、西村に管理人の死の真相について問い詰めていた。 西村は、管理人と吉村とは麻雀仲間だったが、見せるように置いてあった管理人日誌を読んで、ゲームのことや、管理人か病気を苦に自殺しようとしていることを知ったのだと話した。 西村は、管理人が自殺するのを止められなかったが、それでも管理人が好きだったと言い、紙に管理人さんと書いた榎本に復讐してやろうと脅迫状を出したのだと言う。 木下は、全てはドミノを倒した西村のせいだと言う。 二階堂は、罪の意識に苦しむ黒島に自首させたくて協力したが、もう協力できないと言う。 黒島は、寿命で死ぬか殺されるまで止められないのだと言い、二階堂に最後に点滴を流して殺してほしいと頼んだ。 二階堂は泣きながら無理だと言い、翔太は黒島への愛で二階堂が変わったことを訴えたが、黒島は笑い飛ばして翔太に蹴りを入れた。 部屋の前で水城たちが騒ぎ、黒島はとりあえず翔太を殺そうと言う。 二階堂は内山みたいに自分も殺す気なのかと尋ねると、黒島は内山を殺したのも自分だと言って笑った。 黒島は、真実を掴みかけていた菜奈を殺そうと考えたと言い、菜奈の動画の続きを翔太に見せた。 翔太は怒りで顔を歪めて泣き出し、堪えきれずに黒島の首を絞めようとしたが、二階堂に止められてしまう。 黒島は、二階堂に自分と同じ種類の人間になってほしいと言い、翔太を殺すよう命じた。 翔太は二階堂を突き飛ばし、黒島に反撃した。 二階堂は人を殺すことを愛しているから止められないと言い、翔太が菜奈を愛する気持ちと同じだと言う。 しかし翔太は黒島をハグで捕まえ、このまま警察に連れていくと言う。 その頃警察は、黒島の部屋で殺人に使用した証拠品を発見していた。 その中には娘の靴があり、南は泣いていた。 翔太は菜奈のいない式場で、菜奈の幻覚を見ながら菜奈への愛を誓っていた。 クオンはシンイーのために自首を決意し、柿沼はあいりにプロポーズしていた。 尾野は、彼女が出来たと言う水城に目をつけ、ロックオンしていた。 尾野は、管理人室で美里が、黒島を焚き付けて幸子を殺す計画を立てているのを聞いたと水城に話した。 水城は赤池幸子を訪ね、黒島が孫だと指摘した。 幸子は黒島の未来が絶たれないように、ボケたふりをしていてのだった。 翔太は相変わらず二階堂と夕食を食べていたが、チャイムが鳴り、無人の車椅子が迫ってきた。 車椅子にはあなたの番ですと書かれた紙が貼られていた。 黒島ちゃんが本性を表し、猟奇的な雰囲気になってきたシーンが良かったです。 もう犯人は黒島ちゃんしかいないな〜と思っていた矢先だったので「やっぱりそうきたか」となりました。 最後におばあちゃんの孫が黒島ちゃんだったことが分かった時、これはまだどこかで続編が出てくるかなと思いました。 手塚翔太が黒島ちゃんを殺さずに普通に抱きかかえて警察へ行こうとするシーンは手塚翔太らしいなと思いました。 現実にはそんな良い人はいないので変わり者で面白かったです。 今まで出てきたマンションの住民の伏線を回収しきれないまま終わってしまったので、せめて最終話は拡大で色々ひとりひとりの見えなかった動きを教えてほしかったですね。 おばあちゃんにいつも寄り添っていたIT男や、刑事を殺害した様子など正直見えない部分が多かったのが残念です。 黒島ちゃんの殺したいという動機も結局huluにもっていくパターンかとやっぱり思ってしまいました。 秋元さんの作品は以前もそうだったのでまたそのパターンだと視聴者が減ると思いました。 前から黒島ちゃんが疑われていたので、犯人は黒島ちゃんではないと思っていました。 けれど、早い段階で、犯人が黒島ちゃんだということが分かりびっくりしました。 そこからなぞ解きになっていくところがおもしろかったというか、見ごたえがありました。 二階堂が犯人じゃなくてよかったですが、黒島ちゃんはおかしいと思いました。 殺すのが好き?翔太の気持ちを思うといたたまれないです。 犯人だと気づかれそうになったから殺した、しかも愛する人の目の前で。 むごすぎます。 今までの謎が明かされて行ってすっきりしたような気もしましたが、動画を見せられる翔太もかわいそう。 翔太は人殺しにならなくてよかった。 ちゃんと警察に連れて行ってよかった。 前から疑われていた黒島ちゃんが犯人で、あっけにとられたというか、驚きました。 前半であっさりと謎がとかれていき、もう少し引っ張っても良かったのかなと思いました。 黒島ちゃんがベッドに倒されて、人を殺すことを愛しているのなどと言ったシーンの演技が上手じゃなくて気になりました。 人殺しをやめられない、愛している?ばかばかしいと思ってしまいました。 あと、最後に謎が残ったのでスッキリしません。 おばあさんは誰に殺されたのでしょうか。 翔太くん、というか田中圭さんが黒幕(黒島ちゃん)の前でとにかく熱い叫びを繰り返していたのですが、それがいちいち共感できるものばかりだったので面白かったです。 視聴者の意見を代弁してくれているのかってくらいに納得できる叫びが多かったんですよ。 黒島ちゃんの言っている事が理解不能だというのは確かにそうですし、二階堂を「ゼリーばっか食ってた変な奴が愛を知ってこんなに変わったんだぞ!」というのも本当にそうだよな、と。 最後の、黒島をダーツで刺し殺さなかったところだけはびっくりさせられましたけどね。 そういうところも含めて偉大な主人公だったと思います。 肝心の黒島ちゃんを演じる西野七瀬さんの演技力がちょっと……。 あんなワケの分からない理屈で連続殺人を犯すキャラクターに共感して、完璧に演じ切るのは難しいというのは理解できるんですけどね。 そこを差し引いても少し見ていて違和感があったというか、演技力が気になってしまって物語に入り込めなくなってしまったのが、最終回の残念なところでした。 とはいえ、演技が上手すぎて犯人側に共感できるような作りになってしまうのもそれはそれで妙な事になるので、翔太と一緒になって「なんだコイツは」と思いながら白い目で見ていくのもそれはそれで楽しかったです。

次の

ドラマ『あなたの番です(反撃編)』11話のあらすじ・ネタバレを見てみよう!

あなた の 番 です 反撃 編 ネタバレ

ドラマ「あなたの番です 反撃編」16話最新話のあらすじ、ネタバレ、考察を含む内容と感想をご紹介します。 最新話の動画や見逃し配信を無料で見たい場合はHuluの公式サイトをチェックしてください。 第一章からの登場人物の関係がわかる相関図をまとめていますので、整理してみたいという方はこちらをチェックしてみてください。 それではドラマ「あなたの番です 反撃編」16話の考察、感想を紹介していきます。 誤ってこのネタバレ記事に来てしまった方、ネタバレや考察自体が苦手な方はお戻りください。 広告 目次• あなたの番です【反撃編】16話 最新話のあらすじネタバレ 神谷(浅香航大)のケータイは持ち去られていた。 児嶋佳世(片岡礼子)の遺体も笑っていた。 二階堂(横浜流星)と黒島(西野七瀬)は付き合うことに。 田宮の妻(長野里美)が翔太に血の付いた甲野の名札を見せる。 神谷の上着のポケットに赤池夫妻殺害の凶器のナイフが入っていた。 足跡のサイズは浮田殺害容疑者と同じ26. 5だった。 南(田中哲司)は部屋に、ここ数年に起きた殺人事件の資料を大量に持っていた。 西村(和田聰宏)はレストランでの会話以前から交換殺人ゲームのことを知っていた。 木下(山田真歩)は翔太に血の付いたタオルを返してほしいと依頼。 黒島の元カレ・波止の殺害事件について翔太は捜査を依頼。 佐野(安藤政信)は氷彫刻家で、行方をくらまし、山中で誰かと二人で何かを掘り起こしていた。 黒島と二階堂のデートを内山達生(大内田悠平)がストーカーしていた。 内山は黒島の高校からの同級生。 尾野(奈緒)が互いの呼び名を決めようと二階堂のところに押しかけてくる。 田宮(生瀬勝久)は甲野の実家に訪れ、名札のありかを確認するもわからず。 さらに渡してもいない香典が送られていたことを知る。 久住(袴田吉彦)は翔太に白を切る。 藤井(片桐仁)の家にるり(筧美和子)がいた。 浮田は凄く小さく赤池美里と紙に書いていた、と久住が告白。 シンイーとクォンが夜店で密会。 二階堂の部屋に盗聴器が仕掛けられていることに気づく。 内山達生が盗聴していた可能性があり、学生の間でニヤケユウジと呼ばれていた。 水城が佐野を取り押さえる。 怪しいバイトが食肉加工センターで働いていたことが分かり、それも内山だった。 尾野が黒島にパソコンをぶつけようとする。 内山の家のドアを開けた瞬間、内山がダーツの矢に胸を刺されて死亡。 南が走り去っていくのがわかる。 より引用 広告 あなたの番です【反撃編】16話 予告動画 あなたの番です【反撃編】16話 最新話 Hulu 見逃し配信 見逃し動画はHuluにて配信されています。 広告 2週間無料トライアルなので、とりあえず見てみるのもありかもしれないですね。 あなたの番です【反撃編】16話 考察 感想 ここからは16話までにわかったことを考察していきたいと思います。 今後の展開の推理を確約するものではありませんのでご了承ください。 広告 黒島の黒幕説がさらに濃厚に 内山が真犯人であると自供したうえで自殺を図るという流れでしたが、二階堂に盗聴がバレ、しかもそこから内山との関連が疑われた矢先の出来事で、これは真犯人である黒島をかばうために内山がとった行動なのでは、という見方ができると思います。 ただ、もし仮にそうだとしても、内山と黒島がどこまで共謀してこれらの犯行を行ったのかというのは分かりません。 例えば、黒島が二階堂に「二階堂さんがしたいと思うことをしてください」と言ったように、黒島は、命令したわけではなく、あくまでも盗聴器を通して内山に語りかけただけ、という可能性があります。 全ては黒島の独り言を盗聴していた内山が勝手にやっただけ。 普通は誰かに「あいつを殺してほしいなぁ~」みたいなことを言ってしまうと、それだけでも殺人を依頼したと判断されることもあると思います。 しかしもし、独り言を言っていただけ、盗聴されているなんて知らなかった、ということなら、殺人教唆ですら立証するのは難しいんじゃないでしょうか。 これで黒島が真犯人説がかなり濃厚になってきましたね。 交換殺人だけじゃない殺人が絡み合っていた説 そんな黒幕説が濃厚な黒島ですが、彼女もまた、尾野にパソコンを投げ落とされて殺されそうになっています。 そもそも、先週の時点で線路に突き落とされて死んでいてもおかしくありませんでしたよね。 そうなると、これはやはり今回の殺人は一つの事件ではなく、いくつもの殺人事件が、非常に狭い範囲の人間関係の中で絡み合って起こっていた、という説も浮き上がってきます。 例えば、尾野は自分が狙った男にとって邪魔な女を次々と殺していた。 桜木るりも、何らかの理由で袴田吉彦を殺害した、など。 まだ犯人がわかっていない殺人についての犯行をもしかしたら内山が自分の犯行だというかもしれませんが、それも黒島が犯人だと勘違いしてかばっている可能性があり、本当は別の人物が犯人である可能性があると思います。 広告 あなたの番です【反撃編】16話 ツイッター感想まとめ ツイッターに投稿された感想です。 あなたの番です。 やばい。 黒島ちゃんが買ってきたコーヒー、甲野さんにお供えされてた物と一緒…。 そして送っていない香典、黒島ちゃんのゴミの中にお仏前あったよね??やっぱり犯人じゃん😭 — さおぴ saopi0220 あなたの番です 考察 医療工学科って事は菜奈ちゃん殺人も容易く出来るか。 始めの管理人さん殺しは西村さんで、赤池夫婦、奈菜ちゃん、神谷さん殺しはまだ不明。 何となくあれが死ぬという「し」とは思えない。 — マイキー mikey07250725 あなたの番です【反撃編】過去放送回まとめ 過去の放送回についてをまとめました。 広告 tetsutylor.

次の

あなたの番です【反撃編】最終回20話ネタバレ感想|住人と関係者たちのその後の一覧表

あなた の 番 です 反撃 編 ネタバレ

二階堂(横浜流星)に締め落とされた 翔太(田中圭)は、目を覚ます。 翔太の両手足は拘束され、腕に点滴の針が刺さっていた。 翔太の隣には、同じように拘束されて腕に点滴の針が刺さった状態の 黒島(西野七瀬)がいた。 黒島が犯人と確信していた翔太は、想定外の状況に動揺する。 点滴の袋の中身は、菜奈殺害の薬物と同じ、塩化カリウムだった・・・! 「私たち、殺されるんですか?」と不安そうな黒島と、混乱するばかりの翔太。 犯人の猟奇性が、逮捕に踏み切るまでの証拠がつかめないでいた。 そんな中、決定的な証拠が見つかり、水城は逮捕状を請求する。 木下(山田真歩)は 西村(和田聰宏)に、 床島(竹中直人)殺害の件について聞かせてほしいと迫る。 西村は木下に、床島が遺した管理人日誌を見せる。 西村の説得の甲斐なく、ゲームで『管理人さん』という紙を引いた床島は自殺してしまった。 西村は、『管理人さん』と書いたであろう 早苗(木村多江)に、床島が持っていた 総一(荒木飛羽)の写真とともに「やることやれ」という脅迫文を送る。 ただの嫌がらせのつもりだったが、追い込まれた早苗は、引いた紙に書かれた『山際祐太郎』を殺害してしまう。 こうして始まった交換殺人ゲーム。 黒島はもともと殺人衝動を抑えられない性質で、それでも、恋人でもつくれば愛が理解できて、人殺しをやめられるかと思っていた。 しかし、つきあったのはひどいDV男の 波止(水石亜飛夢)。 そこで、交換殺人ゲームで波止の名を書いたのだ。 マンションに防犯カメラを設置し、DVを目撃した 田宮(生瀬勝久)が波止を殺害したことで、黒島は、次は自分の番だと、引いた紙に書かれた 美里(峯村リエ)を殺害。 ついでに 吾朗(徳井優)も殺害した。 幸子(大方斐紗子)を殺さなかったのは「服が似合っていて可愛かったから」だと言う。 率先して殺害を実行していく。 続いて、 澄香(真飛)が 佳世(片岡礼子)の名前を書いたと知り、佳世を自宅で絞殺。 内山(大内田悠平)を使って、死体を遺棄した。 続いて、 久住(袴田吉彦)と 浮田(田中要次)を脅迫。 しかし、そのことで黒島の犯行に気づいた浮田を殺害したのだった。 黒島は、菜奈を殺した経緯を語り始める。 翔太の入院中、見舞いに行った黒島は、菜奈が 藤井(片桐仁)の星座を探っているのを目撃。 翔太の病室で眠っていた菜奈と昏睡状態の翔太、それぞれに塩化カリウムの点滴を刺した。 ゾウを選ぶかキリンを選ぶかと迫る黒島。 黒島の告白に怒りが頂点に達した翔太は、黒島を殺そうとする。 二階堂は、自分を殺してほしい黒島の挑発だと言って翔太を必死に止める。 「人を殺すことを愛している」と、どうしても止められない殺人衝動を訴える黒島。 翔太は葛藤の末、黒島を抱きしめて「このまま警察に連れて行く」と言う。 その頃、黒島の自宅に警察が突入。 様々な殺人の証拠品が出てくる…! 南(田中哲司)は、その中に娘の片方の靴を発見。 黒島は穂香も殺害していたのだ。 10月19日、翔太の誕生日。 翔太は菜奈の幻を見ながら、チャペルで一人、結婚式を挙げる。 式には、二階堂が参列していた。 なぜか 尾野(奈緒)から猛アタックを受ける水城は、彼女から得たある情報をもとに、介護施設にいる幸子を訪ねる。 幸子のそばには、 江藤(小池亮介)がいた。 水城は幸子に、黒島が彼女の孫だという事実を突きつける。 黒島は、幸子の夫が外に作った子の娘だったのだ。 幸子は、猟奇性のある黒島を引き取って202号室に住まわせた。 幸子の遺産を狙う美里は、黒島の性質を知って、黒島を利用して幸子を亡き者にしようと企んでいた。 彼女は金に困っていた床島に、住民会で黒島を刺激し、殺人衝動をかき立てるようにと提案していたのだ。 水城は幸子に、黒島が殺人を犯していることを知っていたのではないかと迫る。 幸子は水城の推理を認めつつも、孫娘を猫かわいがりして、多くの命が奪われたことを意にも介さない様子だった。 一方、翔太と二階堂は、302号室で鍋を食べていた。 その時、インターホンが鳴る。 ドアを開けると、誰もいない。 2人が部屋に戻ろうとすると、廊下の先から車椅子が走ってきて、2人の前で止まる。 椅子の上には一枚の紙が。 そこに書かれていたのは…。

次の