あん スタ イベント 攻略。 アプリ「あんスタ!!」のストーリー解放の詳細やコツ・オススメイベントなど徹底解説

【あんスタ攻略】 イベントが発生する為の条件ってなに?

あん スタ イベント 攻略

イベントは毎月、 末日15時~10日22時と15日15時~25日22時の2回 行われています。 参加方法 イベントがはじまると、マイルームにイベントバナーが表示されます。 このバナーをタップして、イベントルームから「プロデュース」を選ぶことで参加できます。 2回めからはマイルームの「プロデュース」から「期間限定イベント」を選んでもイベントコースを選べますが、初回だけは必ずイベントバナーから入る必要があります。 通常プロデュースコースや曜日イベント、誕生日イベントなどでもイベントライブは発生しますが、 イベントバナーを一度踏んでイベントページを表示させていないと発生しません。 とくに誕生日とイベント初日が重なった時にはイベントページに入らないで誕生日を回してしまいがちです。 コースの途中でも一度マイページへ戻ってイベントバナーを踏めばライブは発生するようになります。 また、新入生課題が終わっていないとイベントには参加できません。 プロデュースコース イベントには専用のプロデュースコースが用意されています。 通常コースや曜日別コースよりもライブの発生率が高く設定されているコースです。 通常、イベント開始時に前半2コース、6日め15時から後半2コースが追加されます。 イベントによっては5コース以上用意されることもあります。 ほかのコース同様、ミッション3種とミニシナリオ2種が設定されており、それぞれをクリアすることで合計1コースあたりダイヤが6こ手に入ります。 ライブ イベント参加中にプロデュースコースをプレイしていると、ランダムでライブ(戦闘)が発生します。 イベントのポイントは、ライブの達成報酬として入手します。 いかにライブを多く発生させ、こなしていくかが、イベントの成績に密接に関わってきます。 ライブの種類 ライブには通常・特大・緊急の3種があり、このうち、プロデュースコースで発生するのは通常と特大の2種類のみです。 通常ライブよりも特大ライブのほうが緊急ライブが発生しやすくなっています。 また、プロデュースコース同様、6日め15時から通常・特大ライブが1種類ずつ追加になります。 ライブの成功条件 ライブ(敵)には「満足させなければならない観客数(HP)」が設定されています。 この観客に対し、ライブ用ユニットとして編成したデッキを投入してアピール(戦闘)を行います。 ライブ用ユニットが満足させられる観客数(攻撃力)がこの数値を上回ればライブは成功(勝利)となります。 同時に2ユニット投入した場合満足させられる観客は1. 5倍、3ユニット同時投入で2倍となります。 ライブのレベル ライブにはそれぞれライブごとにレベルが設定されており、1回勝利すると次の同じライブはレベルが1つ上がります。 通常で45(後半追加の通常ライブは30)、特大は30(後半追加の特大ライブは20 、緊急は15が最大レベルです。 ライブを行うには1ユニットあたり専用の体力であるLPを消費します。 また、観客が残っている限り、何回でもLPを追加投入することが可能です。 ただし、ライブの種類ごとに、レベルアップあるいはレベル維持が可能なLPが定められています。 ライブを倒すのに規定以上のLPを使ってしまうと、次のライブはレベルが1つ下がります。 通常ライブ:2LPまで• 特大ライブ:3LPまで• 緊急ライブ:5LPまで とくに通常ライブは非常に効率が悪い上に2LPでレベルが下がってしまうので、手を出すのはユニット1の戦闘力がLv45を1LPで倒せる20万に乗ってからにしましょう。 アンコール ライブ終了後、確率でアンコールが発生します。 アンコールの発生率は20%です。 ライブ終了後、追加でイベントポイントが入手できますが、ライブの規模に応じて入手できるポイントが変わります。 スクリーンに投影される第1ユニットのグラフィックをタップすることで舞台上に登場させることができます。 すでに登場済みのキャラをタップしてしまうと失敗となります。 最終的に登場させられた人数が多いほど、入手できるポイントは多くなります。 要はルーレットなので、登場する順番は決まっています。 目押しができればベストですが、一周するまでのタイミングを把握して狙った場所でタップするタイミング押しも可能です。 オートモードもありますが、精度はあまり高くありません。 とくに花束チャンス時はオートは避けたほうが無難です。 花束チャンス アンコール5回ごとに発生します。 開始前に指定される人数のアンコール登場に成功すると達成となります。 達成するとアンコールポイントがさらに1000P上乗せされます。 ライブの種類にかかわらず必ず1000Pなので、どのライブで発生しても有利不利はありません。 失敗しても、成功するまで連続発生します。 ただし、失敗し続けると次の花束チャンスの発生はそのぶん遠くなります。 なるべく一度で成功できるようにしたいところです。 どのライブを叩けばいいか 緊急はライブ終了時に確率で発生するものなので、発生したら叩くとして、基本的には通常もしくは特大のどちらかを叩いていくことになります。 通常ライブは最大Lvまで育てて1LPで叩ければLP効率は特大と変わらなくなりますが、そこまでが遠く、またアンコールで入手できるポイントが少ないため、結局効率は低くなります。 緊急の発生率も低くなっているため、基本的に通常ライブは出演を断り、特大ライブのみを選んで叩いていくようにしましょう。 デッキが24万になっていなくて特大Lv30が叩けない場合も同様で、特大を叩きます。 叩けるところまで叩いて、24万までは4LP必要なレベルと3LPで叩けるレベルをいったりきたりしましょう。 24万になればほぼ確実に、25万になれば確実にLv30を3LPで叩けるようになります。 低火力デッキで緊急ライブは叩くべきか 緊急ライブは特大よりもLP効率があがります。 が、そのぶんHPも高いため、火力を出せないデッキで叩くとLPばかり消費してPがぜんぜん稼げない、ということになりかねません。 目安としてはデッキが20万ぐらいになったら叩きはじめましょう。 また、途中で倒すのに4LP以上必要なレベルになったらダイヤがどんどんなくなっていきますし、効率も落ちるので無理に叩かないでスルーしましょう。 ただし、Lv14は4LPで倒せるけど15が6LP必要というぐらいの戦力になったら、ダイヤを割ってもかまわないなら、4LP5LP使ってしまってokです。 特大2LP緊急3LPで叩けるようになるまでは、緊急は必ずスポドリやこんぺいとう、ダイヤが必要になります。 イベント報酬 イベントの報酬にはポイントで入手可能なポイントボーナスと、ランキングで入手可能なランキングボーナスの2種類があります。 ポイントボーナスはプロデュースPやダイヤ、回復アイテム、ジュエルのほか、イベント専用ストーリーと背景、そしてイベント専用の新規カード。 ランキングボーナスは新規カードとプロデュースP。 ランキングは相対的なものなのでボーダーの順位内に入るための必要ポイントは流動的ですが、ポイントボーナスは最初から必要な点数が決まっています。 ほしいものがあれば計画的にあるいは最後にスパートをかけることで入手可能です。 報酬一覧を最後まで(2018年1月現在220万点)集めると2周めに入り、ダイヤやシナリオ、背景などの1周め限定となっている報酬以外は再度受け取れます。

次の

【あんスタ攻略】 イベントが発生する為の条件ってなに?

あん スタ イベント 攻略

イベントは毎月、 末日15時~10日22時と15日15時~25日22時の2回 行われています。 参加方法 イベントがはじまると、マイルームにイベントバナーが表示されます。 このバナーをタップして、イベントルームから「プロデュース」を選ぶことで参加できます。 2回めからはマイルームの「プロデュース」から「期間限定イベント」を選んでもイベントコースを選べますが、初回だけは必ずイベントバナーから入る必要があります。 通常プロデュースコースや曜日イベント、誕生日イベントなどでもイベントライブは発生しますが、 イベントバナーを一度踏んでイベントページを表示させていないと発生しません。 とくに誕生日とイベント初日が重なった時にはイベントページに入らないで誕生日を回してしまいがちです。 コースの途中でも一度マイページへ戻ってイベントバナーを踏めばライブは発生するようになります。 また、新入生課題が終わっていないとイベントには参加できません。 プロデュースコース イベントには専用のプロデュースコースが用意されています。 通常コースや曜日別コースよりもライブの発生率が高く設定されているコースです。 通常、イベント開始時に前半2コース、6日め15時から後半2コースが追加されます。 イベントによっては5コース以上用意されることもあります。 ほかのコース同様、ミッション3種とミニシナリオ2種が設定されており、それぞれをクリアすることで合計1コースあたりダイヤが6こ手に入ります。 ライブ イベント参加中にプロデュースコースをプレイしていると、ランダムでライブ(戦闘)が発生します。 イベントのポイントは、ライブの達成報酬として入手します。 いかにライブを多く発生させ、こなしていくかが、イベントの成績に密接に関わってきます。 ライブの種類 ライブには通常・特大・緊急の3種があり、このうち、プロデュースコースで発生するのは通常と特大の2種類のみです。 通常ライブよりも特大ライブのほうが緊急ライブが発生しやすくなっています。 また、プロデュースコース同様、6日め15時から通常・特大ライブが1種類ずつ追加になります。 ライブの成功条件 ライブ(敵)には「満足させなければならない観客数(HP)」が設定されています。 この観客に対し、ライブ用ユニットとして編成したデッキを投入してアピール(戦闘)を行います。 ライブ用ユニットが満足させられる観客数(攻撃力)がこの数値を上回ればライブは成功(勝利)となります。 同時に2ユニット投入した場合満足させられる観客は1. 5倍、3ユニット同時投入で2倍となります。 ライブのレベル ライブにはそれぞれライブごとにレベルが設定されており、1回勝利すると次の同じライブはレベルが1つ上がります。 通常で45(後半追加の通常ライブは30)、特大は30(後半追加の特大ライブは20 、緊急は15が最大レベルです。 ライブを行うには1ユニットあたり専用の体力であるLPを消費します。 また、観客が残っている限り、何回でもLPを追加投入することが可能です。 ただし、ライブの種類ごとに、レベルアップあるいはレベル維持が可能なLPが定められています。 ライブを倒すのに規定以上のLPを使ってしまうと、次のライブはレベルが1つ下がります。 通常ライブ:2LPまで• 特大ライブ:3LPまで• 緊急ライブ:5LPまで とくに通常ライブは非常に効率が悪い上に2LPでレベルが下がってしまうので、手を出すのはユニット1の戦闘力がLv45を1LPで倒せる20万に乗ってからにしましょう。 アンコール ライブ終了後、確率でアンコールが発生します。 アンコールの発生率は20%です。 ライブ終了後、追加でイベントポイントが入手できますが、ライブの規模に応じて入手できるポイントが変わります。 スクリーンに投影される第1ユニットのグラフィックをタップすることで舞台上に登場させることができます。 すでに登場済みのキャラをタップしてしまうと失敗となります。 最終的に登場させられた人数が多いほど、入手できるポイントは多くなります。 要はルーレットなので、登場する順番は決まっています。 目押しができればベストですが、一周するまでのタイミングを把握して狙った場所でタップするタイミング押しも可能です。 オートモードもありますが、精度はあまり高くありません。 とくに花束チャンス時はオートは避けたほうが無難です。 花束チャンス アンコール5回ごとに発生します。 開始前に指定される人数のアンコール登場に成功すると達成となります。 達成するとアンコールポイントがさらに1000P上乗せされます。 ライブの種類にかかわらず必ず1000Pなので、どのライブで発生しても有利不利はありません。 失敗しても、成功するまで連続発生します。 ただし、失敗し続けると次の花束チャンスの発生はそのぶん遠くなります。 なるべく一度で成功できるようにしたいところです。 どのライブを叩けばいいか 緊急はライブ終了時に確率で発生するものなので、発生したら叩くとして、基本的には通常もしくは特大のどちらかを叩いていくことになります。 通常ライブは最大Lvまで育てて1LPで叩ければLP効率は特大と変わらなくなりますが、そこまでが遠く、またアンコールで入手できるポイントが少ないため、結局効率は低くなります。 緊急の発生率も低くなっているため、基本的に通常ライブは出演を断り、特大ライブのみを選んで叩いていくようにしましょう。 デッキが24万になっていなくて特大Lv30が叩けない場合も同様で、特大を叩きます。 叩けるところまで叩いて、24万までは4LP必要なレベルと3LPで叩けるレベルをいったりきたりしましょう。 24万になればほぼ確実に、25万になれば確実にLv30を3LPで叩けるようになります。 低火力デッキで緊急ライブは叩くべきか 緊急ライブは特大よりもLP効率があがります。 が、そのぶんHPも高いため、火力を出せないデッキで叩くとLPばかり消費してPがぜんぜん稼げない、ということになりかねません。 目安としてはデッキが20万ぐらいになったら叩きはじめましょう。 また、途中で倒すのに4LP以上必要なレベルになったらダイヤがどんどんなくなっていきますし、効率も落ちるので無理に叩かないでスルーしましょう。 ただし、Lv14は4LPで倒せるけど15が6LP必要というぐらいの戦力になったら、ダイヤを割ってもかまわないなら、4LP5LP使ってしまってokです。 特大2LP緊急3LPで叩けるようになるまでは、緊急は必ずスポドリやこんぺいとう、ダイヤが必要になります。 イベント報酬 イベントの報酬にはポイントで入手可能なポイントボーナスと、ランキングで入手可能なランキングボーナスの2種類があります。 ポイントボーナスはプロデュースPやダイヤ、回復アイテム、ジュエルのほか、イベント専用ストーリーと背景、そしてイベント専用の新規カード。 ランキングボーナスは新規カードとプロデュースP。 ランキングは相対的なものなのでボーダーの順位内に入るための必要ポイントは流動的ですが、ポイントボーナスは最初から必要な点数が決まっています。 ほしいものがあれば計画的にあるいは最後にスパートをかけることで入手可能です。 報酬一覧を最後まで(2018年1月現在220万点)集めると2周めに入り、ダイヤやシナリオ、背景などの1周め限定となっている報酬以外は再度受け取れます。

次の

【あんスタmusic攻略】スコア、獲得イベントptをupさせる10の方法。前編。

あん スタ イベント 攻略

あんさんぶるスターズ!! そこで、気になるのは無課金ユーザーでも星5カードは取れるようになったのか?! 結論から言えば 無課金でも頑張れば星5カード1枚は手に入れられるよ!(ついでにいうと音ゲーヘタでも大丈夫だよ!) 今回は私が実際に2020年5~6月に行われた「軋轢! 内なるコンクエスト」で星5の巴日和くんカードを1枚ゲットするまでに消費したダイヤ数・イベントの走り方を書いていきます! この記事を読めば星5カードを1枚取るまでに必要なダイヤ数が分かるので、ぜひ推しキャラのイベントが来た時の参考にしてくださいね。 これはイベント参加前の状態• イベント開始前所持数879個 キャンペーンや他イベでかき集めましたね。 普段からログインしてコツコツ貯めましょう。 イベスト37個 読んでなかったイベストを全部読みました。 そもそもイベストが短いので雀の涙程度。 誕生日35個 コンクエスト期間中は絢瀬マヨイくんの誕生日がありましたね!ラッキーです。 ログボ20個 毎日のログインボーナス。 1週間で20個獲得できます。 楽曲クリア報酬50個くらい これもまあまあ大事。 後ほど説明します。 イベ報酬80個 350万ポイント稼ぐまでにダイヤは80個手に入ります。 合計1,105個(残80個)ぐらいのダイヤ数となり、そのうち使用したのは1,093個(約BP547分)となりました。 ついでにBP回復アイテムはご覧の通り。 BP回復アイテム ホイッスル30個 メガホン3個 すべて今イベで貰ったもの(350万ptまで走って)。 BP回復アイテムは前作(無印時代)と違って 使用期限が短く、温存ができませんのですべて使い切りましょう。 無償ダイヤの貯め方 無課金ユーザーにとって大事なのって無償ダイヤですよ。 あんスタもMusicになってからついに有償無償とダイヤの種類が分かれることになりました。 できれば有償ダイヤはイベント走るために使いたくない…!そんな方も多いでしょう。 そういう方はやっぱり日頃からコツコツ貯めるしかありません。 イベント参加して100万ptまで貯めると65個 さらにイベストも読むと+10個くらい。 100万pt(星4カード1枚ライン)であれば無課金かつダイヤ消費無しでもいけますので、毎回頑張りましょう。 誕生日、特別ログインボーナスダイヤを温存! なんといっても忍耐力が大事です。 ガチャを回したくなる気持ちは痛いほどわかりますが、来る推しイベのためにじっと堪えることも大事です。 楽曲クリア報酬ダイヤを温存! ハイスコア報酬(難易度別)、コンボ数(難易度別)クリア回数報酬(難易度共通)でダイヤが貰えます。 難易度別に貰える報酬は最大で4回のダイヤ入手チャンスがありますよ! 私は今回超地道にダイヤを回収しながらイベントを走りました。 塵も積もれば山となる! 報酬条件 貰えるダイヤ ハイスコア (難易度別)• B(20万以上)2個• S+(180万以上)5個 最大コンボ (難易度別)• S+(パーフェクトコンボ)5個 クリア回数 (難易度共通)• C(1回以上)5個• B(10回以上)5個• S+(100回以上)5個 最大コンボはへなちょこユーザーには達成が難しいですが他の条件はそう難しくないですね。 あんスタMusicイベントの走り方 必要なダイヤの数はわかった。 じゃあ実際どんなイベントの走り方したのか? ほんと基本的な走り方です。 自然回復+ダイヤ砕く+レベルアップでひたすら走る。 これにつきます。 あとは ユニットを強くしてなるべくS以上のスコアを出す ! これだけ! BPは自然回復だと30分で1つ回復します BPは30分で1つ回復します(しょっぱ……)。 なので満タンになるまでは300分=5時間かかりますね。 5時間というと、(社会人の方なら)ほとんどの方は8時間勤務だと思いますので、• 始業前• お昼休憩• 終業後 のタイミングはあまり無駄にならない設計になっています。 ちょっとやさしい。 学生さんならもっと無駄にならないと思いますね。 だから自然回復分は(仕事抜け出したりして)無理して消費する必要はなくなりました。 睡眠時だって大体7~8時間だとして、5時間を差し引いて2~3時間(4~6BP)ですよね。 ウン、あんまり気にしなくていいと思う! そもそも マジで全然回復しないからダイヤ砕くのありきで考えてください! 自然回復の満タンはどうがんばっても1日に4回が限度です。 クリアスコアは最低でもSでありたい スコアはポイントボーナスにも反映するので重要です。 まずは私のユニット構成。 星5カードが4枚、星4カードが1枚。 ぜんぜん強くもなんともないユニットです(悲しいことに……)。 このスコアSを達成できるユニットだと• BP3で6,600pt• BP10で22,000~3,000pt ポイントが稼げます。 さらにイベント楽曲だと(スコアS以上、フルコンボが条件)• 500消費で51,000pt• 1,000消費で102,000pt くらいでした。 the・フツー以下って感じです。 育成した星5のカードが3~4枚あればスコアSいけますね。 なのでもしこれから始める人なら、最初にリセマラできるカードで星5のキャラ(ユニットリーダー)を選ぶといいと思います! 星4は後からでも入手できます!1推しじゃなくても2推しでもとにかく星5を選んでおけば戦力が違います。 ユニット編成で 不向きな曲を選ぶとヘタすると10万くらい戦力差が出て、 稼げるポイント数にも影響してしまうので注意しましょう。 楽曲の難易度は何を選べばいい? 難易度を変えたからといって貰えるポイントはほとんど差がありません。 自分がプレイしやすい難易度を選びましょう。 前段でお話したダイヤかき集め作業のためにEasyモードでクリアしたりもしてます。 むしろ自分に合わない難易度でチャレンジしてスコアが低くなってしまう方がずっとつらいです! つまり音ゲーの腕前は関係ないというわけです。 レベルアップ中心で走るならBP3消費がおすすめ ユーザーランクがレベルアップするとBPとお仕事チケットが全回復します。 私は今回のイベント(コンクエスト)で36から44までレベルアップしました。 つまり80BPはレベルアップで賄っているというわけです。 BP3で経験値は200• BP6で経験値は300• BP10で経験値は400 つまり BP3消費で3回(合計BP9消費)で経験値は600もらえるのでこれがレベルアップまでの一番の近道となります。 だるくない限りはBP3でなるべく叩いて経験値を貯めたいものですね。 私の場合は できる限りBP3消費でプレイし、ポイント報酬が近くなったらBP10消費して一気に叩く。 というやり方を主にしていました。 この方が報酬貰えるからモチベーションあがるんだよー。 また BP10消費するとイベント参加PASSも100枚貰えるので(BP3だと30枚)、BP3消費しつつのBP10消費でやっていくのが一番安定的でしたね。 イベント参加PASSは基本500、後半は1,000消費に集中 イベント参加PASSは100枚・500枚・1,000枚(後半から)使用してポイントを獲得できます。 基本的に前半は500枚消費でやりつつ、後半は1,000枚消費をこなしていきましょう。 1,000枚消費で102,000ptくらいは貰えます。 なにがいいかってスッキリします(そんな理由)。 このイベント参加PASSを使用すると会話イベントが見れるのですが、500や1,000を中心にしていると全キャラ分見きれないです。 諦めてBasicで見るなど工夫しましょう。 お仕事チケットもちゃんとクリアしていこう! 軽く見ることなかれお仕事チケットで得られるポイントは250pt。 5回行えば1,250ptゲットできます。 地道にクリアしていきましょう。 そして糸と布をしこたま集めましょう。 そしてかわいいおべべを作りましょう。 わたしはなあ、GREATで出るボタンが一番きらいなんだよお! まとめ:無課金で星5カード獲得はダイヤと根気が必要 ここまで読んでいただいてわかるように、無課金で星5カードを取るためにはかなりのダイヤが必要です。 また前作よりもレベルアップがしづらくなった上にBP(LP 回復アイテムが非常に少ないため、ダイヤに頼るしかないのです。 ちょっと厳しいかもしれませんが、まだ推しイベが来ていない人は今から地道にダイヤを貯める努力をしましょう! 【本記事のまとめ】• ダイヤは1,000個以上は必須。 1,200個くらいあると安心。 スコアでS以上は必須。 スコアで獲得ポイントが変わる。 自然回復はあまり頼れない。 BP3で叩いてたくさんレベルアップしよう。 イベント参加PASSは500・1,000枚でプレイして一気にポイントget。 正直、埒が明かない時は課金するしかないと思います。 課金は自分が楽しめるゲームを作ってくれているゲーム会社へのお布施です。 ガチャは運要素しかありませんが、イベントは達成すれば必ずカードが貰えます。 ガチャとイベント、課金するならどっちと言われれば難しいところではありますが、今のところはガチャよりイベントに貢いだほうが安心が得られそうです。 課金を考えた方はGoogle Playカードのお得な買い方を紹介していますのでぜひご一読ください!(iTunesカードもほとんど一緒です).

次の