ライ ガンスピン。 ライガンスピン(ヤサカ)|前陣ドライブにおすすめコスパラバー

ライガンスピンについて

ライ ガンスピン

メーカー価格:3,900円(税抜)• カテゴリー:裏ソフト>テンション系• 弧線:やや高め• 厚さ:中厚・厚・特厚 高い安定性を維持しながらも スピン性能が向上 ライガンでも搭載されている抜群の食い込みと弾力を持つ「RIGAN スポンジ」をライガンと同じ硬度で使用しながらも、トップシートの粒形状をライガンよりも大きくすることにより、 より強いスピンとパワーを生み出すことが可能になりました。 安定性とスピン性能を高いレベ ルで両立したハイブリットエナジー型ラバーです。 引用: ライガンスピンの位置づけ ヤサカのステップアップラバー「ライガン」の新作です。 名前の通りライガンのスピン性能をアップしたものですね。 スポンジは同じですが、シートのツブを大きくすることでスピン性能を向上させています。 定価は3,900円とライガンよりも200円アップ。 ライガンのコスパが優秀過ぎるので、ライガンでユーザーを獲得し、ライガンスピンで利益をとる戦略でしょうかw ヤサカのラバー性能表 レビュー ライガンスピンというだけあって、ライガンよりもスピン性能は高いです。 しかし弾みがライガンよりも弱く、 完全な上位互換というわけではなさそうです。 打球感はシートがやや硬く、スポンジは柔らかいので中間硬度といったところ。 ライガンと比較しながら技術別にレビューしていきます。 サーブ:引っ掛かりがよく回転かけやすいです。 ライガンよりも弾まないのでコントロールもしやすいです。 レシーブ:ライガンよりもやや回転の影響がありますが、ツッツキが切りやすいです。 また威力はそこまでではないですがチキータが入れやすいですね。 ドライブ:ライガンほどではないですが弧線やや高め。 ライガンよりもスピン性能は高いですが、スピード出しにくいです。 中陣からのドライブはライガンの方が安定感ありますが、前陣ならライガンの方が安定感あります。 相手コートの深いところに安定して連打できます。 カウンター:ライガンよりもシートが強く回転負けしないのでやりやすいです。 スマッシュ:ライガンと比べるとやや安定しません。 ただどちらもスポンジ柔らかめなので、強打時は気になるほどの差ではありません。 ブロック:ライガンよりも安定感ありますね。 めちゃくちゃやりやすいです。 シートの強さとスポンジの柔らかさが絶妙なバランスで、弾み過ぎず回転に押し込まれず安定感抜群です。 おすすめ活用法 ライガンスピンのおすすめ活用法は、初級者向けと中級者向けの2パターンあります。 テンションラバーの中では弾みがあまり強くないので、手打ちではなく 体全体でドライブを打つ練習になります。 前陣メインならライガンスピン、 中陣メインならライガンという使い分けがいいでしょう。 フォアでもバックでもおすすめ。 0)、バック面=ライガンスピン(厚) まとめ ライガンスピンは、ライガンよりもスピン性能が高く弾みが抑えめ。 やや弧線が高いドライブは前陣での安定感抜群です。 テンションラバー入門としてフォアドライブの技術向上させたい初級者、台から離れず前陣でドライブを連打する中級者におすすめです。 以上、参考になりましたでしょうか。 ラバー選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。 ブログの更新はツイッターで告知しているので、よければフォローお願いします。

次の

ライガンスピンについて

ライ ガンスピン

ライガンに比べると打っている感覚としても回転がかかっているように感じます。 弾道も弧線的です。 ヴェガに比べるとどのラバーよりも回転量は豊富のように感じました。 ちょっと飛ばないラクザ7くらいですかね。 価格帯が上のラバーに比べるとスピード、スピンともに物足りないですが、中学生男子のフォアにはちょうどいいかもしれません。 打点を落としても回転で飛ばせる感じがします。 また、ライガンより硬いといっても扱いやすいので、G1やV15エキストラに比べればある程度スイングができなくてもコートに返ってくれます。 この価格帯のラバーとしては十分すぎる性能と言ったところではないでしょうか。 ヴェンタスシリーズよりは回転量が多いかもしれないですね。 グリップ感がいいです。 シートの強さを感じます。 ライガンを使っていてもっと回転は欲しいけど、弾みは変わらないでほしい、という人がベストでしょう。 文字通りライガンより回転量を増やしたラバーですので。 高校生になるとパワーのある人からしたら物足りないでしょうが、中学生くらいであればしっかりとドライブで攻めることができると思います。 弧線弾道が魅力ですので、ラリー型向けでしょう。 合わせるラケットは選ばないと思いますが、お勧めは5枚合板ですね。 安定感を存分に生かせるからです。 他のラケットの場合、ライガンスピンでなくてもいいという感じになりそうです。 回転量を生かすのであれば5枚合板で弧線の高さを生かすプレーヤーだと思います。 コストパフォーマンスとしてはまさに衝撃のラバーと言えるでしょう。 正直、ライガンにもとても驚きました。 あの価格で、あの弾み、回転量が出せるのかと。 しかし、ライガンスピンはさらに上と言えるでしょう。 ただ、もちろんこの価格帯でという話になります。 もっと回転量やスピードが欲しいのであればラクザ7やXを使うことになると思います。 あくまでこの価格帯だと素晴らしい性能ということです。 中学生を指導している身からすると、ライガンというのはとてもいいのですが、パワーがついてくるとちょっと物足りなくなります。 しかし、あまり弾ませたくない。 ということがよくあります。 それをライガンスピンは解決してくれます。 そしてレベルが上がったらラクザ7にという道筋がしっかりとできました。 ラバーの価格が上がる中、素晴らしいラバーの登場ですね!.

次の

ライガンスピン【ヤサカ】

ライ ガンスピン

タイトルにある通り、とても使いやすい組み合わせでした。 ・レシーブがとてもやりやすい。 ツッツキ切れる。 上書きツッツキもしやすい。 浮いたとしてもミスしてくれる!チキータも入るしドライブも確実におさまる。 レシーブからチキータやバックハンドドライブも打てる自在性! ・横上回転サーブでも簡単に角度あわせでストップ可能! ・弾まないので、めちゃくちゃ切れたサーブが出しやすい。 短くて切れたサーブもめちゃくちゃ出しやすい! ・弾まないので、コースだけでなく、ボールの深さ(または浅さ)に対しても制御できる。 打たれたら取れない、さわれないかもしれない。 以上になります。 バックのラバーとして使えばチキータ、バックドライブ回転系の技術では軟らかいテンションラバーの中では一番かかる気がします。 硬いラバーとそこまで変わらないくらいかかります。 体感ですが、ロゼナのスピードを遅くして回転を少しあげたみたいなラバーです。 スピードもスピードドライブをした時には、少し遅いですが、2足があるのでかなり伸びるのと回転量で上のクラスでなければ吹っ飛ばします。 安定性も鬼ほど安定します。 一つ注意点があるとすればトクアツをインパクトが強い人やないとはおもいますが、中上級者がフォアで使うのはおすすめしません。 フォアで使うなら初心者が回転をもっと出したいという人や弾みを抑えて回転系の技術で攻めたいかたはかなりおすすめです。 とても好印象のラバーでした。 中国式ペンの裏面での使用です。 ・ドライブ 上回転に対するドライブについては、弾みが控えめなため非常に安定します。 ただし、打ち抜くようなスピードは出しづらいためコースを狙うか回り込んでフォアで打ち込むかしないと得点に結びつきづらい印象です。 下回転に対するドライブは、シートの引っ掛かりが良い割に、擦って回転で飛ばすような打ち方ではネットを超えませんでした 私の技術不足もあります。 やや厚く当てて食い込ませるようにすると安定しました。 ・チキータ シートの引っ掛かりが良く弾みが控えめなので非常にやりやすいです。 スピードを出すのは難しいです。 ・ブロック スポンジ硬度は柔らかめですが、シートがやや硬いので相手のドライブに押されることなく安定して返せます。 ・まとめ バックにテンションラバーを使っていて、少し弾みを抑えコントロール重視にしたい方におすすめです。 柔らかすぎないので中級者の方でもバック面の使用なら十分満足できると思います。 また、チキータを覚えたい方にも良いと思います。

次の