性癖 サラダ ボウル。 Vtuberとかいう深い深い沼に堕ちた話

Vtuberとかいう深い深い沼に堕ちた話

性癖 サラダ ボウル

Special hearty salad, eaten with spoon. Come taste it during break time, after work, in your day-off, perhaps while reading a book, and playing with your smartphone or tablet. Hearty and healthy salad that makes you smile with great taste, and we want you to eat it with spoon! スプーンで食べる、ボリューム満点こだわりサラダ お昼休みに、仕事終わりに、休日に。 本を読んだり、スマホやタブレットを触ったりしながら。 スプーンで食べられて、思わず嬉しくなる美味しさで、お腹いっぱいになる健康サラダです。 We proudly offer you our "SIGNATURE SALAD". And we also would like you to have it your way with our "CUSTOM SALAD". Once you personalize your salad, we then chop it with a special cutting tool called mezzaluna, right in front of your eyes. Our dressing is completely homemade; we don't use store-bought sauce or mayonnaise. "Eat Salad at Salad Restaurant. " Sounds simple, but it is the new life-style. Our pleasure is to see customers enjoy themselves with a favorite salad restaurant in their life. Everyday, we dedicate ourselves to making customers excited to see their salad getting decorated in front of their eyes. Our restaurant has open-kitchen, soothing music, and tables with an outlet and Wi-Fi, all arranged so you have the most comfortable time here.

次の

若葉ミドリ(@wakabagreen_x)のプロフィール

性癖 サラダ ボウル

*カップリング メギドでは基本的に見る専。 まだ持ってないメギドの話も普通にするので未所持でそういう話をするのは嫌って人は見ない方がいい。 目についたものは割となんでも見る。 バースト男子と18歳に推しが偏りがち。 カスピエルとフォカロルとフェニックスとラウムとデカラビアとモラクスとあとたくさん。 そのほかのカップリングの作品等のリンクを突然貼ることもあるので、あらゆる地雷CP持ちの方にオススメできないアカウントです。 *フォローについて こちらからは基本的に無言フォローとなります。 あなたが私を認識していないうちはリプライ等も送りませんのでご安心下さい。 挨拶リプライ・タメ口要請等は苦手です。 また、フォロバについても絶対ではありません。 ご了承ください。 お別れはブロ解です。 *地雷について 地雷を見かけたら何も言わず見なかったことにするスタンスでいるので気軽になんでも呟いてください。 他人の地雷に対してはツイフィール等で明言されていない限り配慮ができません。 よって思わぬタイミングであなたの地雷を踏み抜くおそれがあります。 *呟きについて エアリプが多いです。 そのほかにも唐突に叫びだすことがあります。 うるさいです。 そっとミュートにすることをオススメします。 ツイ消しも多いです。 最近は日常ツイ多め。 他ジャンルの話もぽんぽん飛び出します。 *地獄 「春の呪い」 全2巻 を読むと概ね理解できるかと思われます。 いや普通にハッピーなやつも好きなんですけどね? *その他 いいね欄が性癖のサラダボウルみたいになっているのでそこを見るときは覚悟を決めてから見てください。 あなたの地雷が混入しているおそれがあります。

次の

東方緋想天

性癖 サラダ ボウル

SMの基本• あの後、結局30分ほど毛布にくるまっていた。 頭の中で繰り返される 相沢の震えた声。 いつまでもベッドの中にいる訳にもいかず、重い足を動かす。 冷たいフローリングが温まった身体を冷やしていった。 「おはよう」 ドアを開けるとパンの香ばしい匂いがする。 キッチンに立った相沢はさっき見たグレーの部屋着を来ていた。 「おはようございます」 ふっと笑った彼はいつも通りで。 何一つ、変わらなくて。 あれは夢だったような気がした。 「あ、今日はチーズオムレツですよ」 「そうか、…楽しみだな」 椅子に座ると 彼の顔は見えなくなる。 目に入るのはテーブルの上に並べられた 2人分のパン。 中央に置かれたサラダボウルには彩豊かな野菜。 愛用のコーヒーカップに揺らめく黒い液体。 聞こえてくるのは 卵を割る音。 箸で溶く音。 フライパンに流し込む音。 「…いただきます」 小さく呟いてから コーヒーに口をつける。 温かいそれは冷えかかった身体を再び温めていった。 「そうだ…、たまには どこかに出掛けますか? 」 テーブルに置かれた真っ白なお皿に映える黄色。 ふんわりとした美味しそうなオムレツにごくりと唾を飲む。 「…うん」 小さく返事をすると 嬉しそうに笑い、白い歯を覗かせた。 その笑顔は やっぱりあの時の彼とは結びつかなくて。 「どこか行きたい所とかあります? 」 ぼーっと彼の顔を見ていると そう尋ねられる。 いつの間にか 彼はパンを頬張っており、慌てて僕もサラダに手をつけた。 「僕は特にない、かな」 「そう…ですか」 ほんの一瞬 彼が悲しそうな顔をしたのを、僕は見逃さなかった。 また僕は…変なことを言っただろうか。 「…あの、相沢ッ…」 肘に何かが当たる感覚と 部屋に響いた何かが割れる音。 「ご…めん…」 床に出来た黒い水たまり。 散らばった白い破片。 それがコーヒーカップであると気がついたのは、指先に痛みを感じた時だった。 「佐伯さん!! …血が!! 」 ガタンと大きな音を立てて椅子を立った相沢に 手首をつかまれる。 何も考えずに破片を集めていた僕の指先には血が滲んでいた。 「……佐伯さん? 」 ぼやける視界。 黒い水たまりに落ちる液体。 痛いわけじゃない。 悲しいわけでもない。 それでも 頬を伝うぬるい液体は止まらない。 「…ごめ…ッ…、指 洗ってくる…」 掴まれた手首は 簡単に解かれ、ほのかにその部分には温もりが残る。 温もりと感じた熱は 洗面所に着いた時には消えていて。 そんなの当たり前なのに、心は締めつけられた。

次の